スマホ・タブレットの使い方・活用マニュアル

スマートフォンやタブレット、デジカメ等、様々なガジェットの操作や活用方法、アプリやアクセサリーの紹介をしています。

カテゴリ: インフォメーション

Likebook Mars7.8インチ Android 6.0の電子書籍リーダー

目にやさしいE-inkディスプレイ搭載の端末が欲しいと思い、アマゾンで電子書籍リーダーを探していたら、「Likebook Mars」という聞きなれない端末が目に飛び込んで来た。

E-ink端末と言えば、先日紹介した「Yoga Book C930」や「BOOX NOTE」等があげられるが、性能の割に少々お値段が張るというのが、私の感想。電子書籍リーダーとしての使用を想定しているので、専用端末のキンドルペーパーホワイト+1万円程度で、汎用端末がでないものかと思っていたところ、たまたまこいつを見つけたので紹介したい。

likebook

汎用電子書籍リーダーとしてのスペックは十分か

アマゾンの製品紹介の欄に紹介されている基本スペックは、

画面サイズ: 7.8" 300ppi E-ink touchscreen.

解像度: 1404*1872

CPU: RK3368 8 Core 1.5GHz

メモリ: 2GB

ストレージ:16GB

OS: Android 6.0

バッテリー: 5V, 1A, 3100mAh

充電時間: 4-5 hours

サポートファイル: EPUB/ TXT/ DOC/ MOBI/ PDF/ FB2/ JPG/ PNG/ GIF/ PPT/ HTML, etc.

付属品: オリジナルレザーケース、マイクロUSBケーブル

タブレットPCとして同機を見た場合、もの足りない部分もあるが、電子書籍リーダーとして見るなら特に問題はないだろう…。

3万円を切る価格が「魅力」

アマゾンでの販売価格は、28,125円(20181014日現在)と3万円を切っている。専用端末のKindle Paper White(6インチ)が15,000円程度、上位モデルのKindle Oasis(7インチ)が3万円程度なので、7.8インチディスプレイとアンドロイド6.0を搭載してこの価格なら、十分リーズナブルな価格だろう。

Likebook2

10月のアップデートで日本語対応となる予定

製造は、中国のBoyue社。公式ホームページも見当たらず(ツイッターのページはあり)、個人的には初耳のメーカーなので、少し不安もあるのは事実。まもなく日本語化対応するとのことだが、現在のところは、システムベースでは日本語対応していないとのこと。尚、グーグルプレイには既に対応している模様だ。

個人的な見解とまとめ

7.8インチE-inkディスプレイ、アンドロイド6.0でグーグルプレイが使用可能となれば、かなり魅力的な端末であることは間違いない。

しかし、現在のところ情報もすくなく、日本語対応もまだなので、もう少し様子を見てみたい。日本語に対応し、使用感なども良好であれば、自分へのクリスマスプレゼントとして購入を検討したいと思っている。



最近、レノボの商品開発力がスゴイ! IFAで発表した新型Yoga Book C930 のダブルディスプレイには驚かされたが、今回レノボ・テックワールドで発表した、デスクトップPCにも度肝を抜かされた。

正にスタートレックのUSSエンタープライズ号そっくり

これまでもガンダムやエバンゲリオンをモチーフにしたPCやスマホ等が発売されてはいるが、それはあくまでも、カラーリング等を真似ているだけで、形状に関しては、普通のノートPC、スマホであった。

しかし、今回レノボが発表したPCは、形状までUSSエンタープライズ号そっくりだ。

エンタープライズ号に相応しい最新鋭のスペック

未来の宇宙船に相応しく、スペックも最新鋭!

CPU…インテル第9世代CPU

GPUGeForce RTX 2080

メモリー…32GBDDR4

ストレージ容量はSSD 1TBM.2HDD 2TB

その他…ビデオプロジェクター内蔵

予想販売価格は…2180ドル前後(中国限定発売?)

 

本当に一般発売するのか?それともネタなのか?

上記の動画は、レノボの公式YouTubeチャンネルのものである。しかし、これだけのスペックを搭載して、たった2180ドルで発売予定というのは、正直信じがたい部分がある。ひょっとしたら、メーカー自身が仕掛けたジョークなのかもしれない。

とりあえず、真偽のほどが気になる…。



 

レノボが、IFAで発表した「Yoga Book C930」に注目。

ヨガブックシリーズは、通常のラップトップモードのほか、タブレットモードやテントモード等、多彩な変形が特長の2in1 モバイルパソコンだが、今回発表したC930は、なんと、液晶とE-inkディスプレイの2画面を搭載した、究極のユニークガジェットだ。

E-inkディスプレイの用途は変幻自在

新型ヨガブックは、さらにユニークさが増した。新しく搭載したE-inkディスプレイは、仮想キーボード・手書きノート・電子書籍リーダー、…等、ボタン一つで様々なモードに切り替えることができる。これまでもE-ink(電子ペーパー)ディスプレイを搭載した端末は、Kindleシリーズ等の電子書籍リーダーや、アンドロイドタブレットのBOOXシリーズ等があったものの、限られた用途に特化したマシンであった。

なんでもこなせる多彩多芸なヨガブックC930

しかし、このヨガブックC930は、液晶&電子ペーパーのダブルディスプレイを搭載したWindows PCなので、ネットに動画に文書作成…なんでもこなせる。加えてLTEにも対応しており、Always Connected PCを体現した究極のモバイルサブノートPCに仕上がっている。目に優しい電子ペーパー端末は、これまでも注目はされてきたものの、表示速度の遅さから、動画鑑賞等には向いていない。そのため電子書籍リーダーとしてしか普及していなかったが、この新型ヨガブックは、ダブルディスプレイによって、これらの問題点を克服した。

ソニーのデジタルペーパー等が駆逐されるかも?

手書き電子ペーパー端末として渋く人気を集めていた、ソニーのデジタルペーパーやBOOX NOTE等のガジェットは、今後かなり苦しくなると予想される。電子ペーパー端末の弱点を完全に克服し、かつ基本性能もはるかに上のC930。ガジェット好きで、これから電子ペーパー端末を検討しているなら、現在のところ一択になる。

1台目のPCとしては、お勧めできない新型ヨガブック

ただし、同機一択と言うのは、既にメインPCをもっていて、趣味の一台として選追加するなら…という前提での話だ。1台目のメインPCとして購入するのは、絶対にやめて欲しい。C930は、楽しいモバイルガジェットとしてお勧めしているだけであって、効率性が求められるビジネスシーンや、3Dゲーム等を楽しむには、性能が不足しているし、画面サイズも小さすぎる。そして物理キーボードも搭載していない。

ガジェットギークの「おもちゃ」としては最高の一台

要するにC930は、サブマシンとして楽しむための一台である。ただし価格的には、999$からとアナウンスされている。これは正直、もっと高性能なメインPCを購入できる価格帯だ。前モデルのヨガブックと同じぐらいの値段なら、私も飛びついていたに違いないが、この価格なので、欲しいのは山々だが、すこし様子を見てみたい。

ちなみに、日本での発売日や価格は現在のところは未発表。少しでも早く、少しでも安くリリースされることを望みたい。日本発売の折には、まずは、お店で実機を触って使い心地を確かめたいと感じている。

switchtwitter


任天堂の公式ホームページ、およびツイッターにて、
スイッチオンラインサービスの正式スタートは

9月19日(水)から

 と発表した。詳しい内容については、
「Nintendo Direct 2018.9.14」

にて紹介してくれるとのこと。

ちなみに、我が家では、
年間4500円のファミリープラン
に入会する予定!


office365solo

5台まで同時起動!インストール台数は無制限に

マイクロソフトよりうれしいメールが届いた。201810月2日より、オフィス365ソロの契約内容が変更され、これまで2台のPCやタブレットでしか同時起動できなかったオフィスが、5台まで同時に起動できるようになると言う。

またインストール台数も無制限になった。デスクトップPC、ノートPC、2in1、タブレット、スマホ… つまり、自身が所有する全てのデバイスにオフィス導入できると言うことだ。

SwayWhiteboard等、オフィス系の新作アプリも続々投入

ワンノートfor Windows10やホワイトボード、Sway 等、近年、マイクロソフトは、無料で利用できるアプリを続々とリリースしている。ワンノート等、以前は有償だったアプリを無料で提供してくれるのは、個人的にはありがたい。

ただし、これら無償のアプリには、一つだけ制約がある。それは、自分のPCストレージには保存できないという点。これらのアプリで作成したファイルは全てマイクロソフトのストレージに保存される。そのためUSBメモリにこれらのファイルをコピーして持ち運ぶ等のことはできない。

しかし、オフィス365ユーザーなら安心だ。1TBのワンドライブがセットになっているので、クラウドの容量不足に悩むことは一切ない。

マイクロソフトは、ソフトを売る会社から、ソリューションを提供する企業へ

パソコンにスマホにタブレット…一人で複数台のデバイスを持つ時代。またクラウドストレージの普及でシームレスな作業環境が当たり前になった。

マイクロソフトは、既に、ソフトを販売する会社からソリューションを提供する企業に変貌遂げている。

ネット上では、「オフィス2016と契約型のオフィス365どちらがお得か」などの比較記事も多く見られるが、料金比較の部分だけに注目するのはよくない。改めて言うまでもないが、オフィス365は、単なるオフィス2016のサブスクリプション版ではない。「ワード」「エクセル」「パワーポイント」等のオフィスアプリに加え、1TBのクラウドストレージやスカイプの無料通話等を含めた、トータルクラウドサービスである。これらの違いもしっかり把握した上で、検討するのがよいだろう…。




 

↑このページのトップヘ