スマホ・タブレットの使い方・活用マニュアル

スマートフォンやタブレット、デジカメ等、様々なガジェットの操作や活用方法、アプリやアクセサリーの紹介をしています。

カテゴリ: コラム

 

アップルのiPadと違い…

グーグルのアンドロイドタブレットは
多くのメーカーから発売されている。

 

私が使用しているタブレットは、

ソニーのエクスペリアZ3タブレットだが…

 

日本のメーカーでは、

ソニー、NEC、東芝、富士通、…

 

海外のメーカーは、

ASUS、レノボ、HP、デル…

 

これら世界的な大企業だけではなく…

もっと小さなな企業も多数参入している。

アンドロイドタブレットをリリースしている。

 
しかしながら…
圧倒的な人気があるのは
やはり「ネクサス」シリーズだ。

 

例えば、価格コム等を見ると…

ネクサス7の2013年モデルが未だ人気上位。

 

グーグルのリファレンス機という事もあり、

OSのアップデート等も約束されているし、

アンドロイドOS本来の姿を体験できるからだろうか…

 

他メーカーの端末は、各社オリジナルホーム画面や

アプリ等が色々とインストールされている。

そして削除できないアプリ等もあり面倒な部分もある。

 

やはり…安心感や信頼感が違うのだろう。

 

各メーカーに、一言申し上げたい。

余計なアプリはプリインストールする必要はないから…

その分、OSのアップデートのサポート!

 

こちらをしっかりとして欲しい!


 

先日から、ずっと気になっていた

ASUS MeMO Pad8」に搭載されている「AnyPen機能」

 

他のYoutuberが、この機能について、

レビューを上げてくれるのを待っていたのだが、

なかなか目ぼしいレビューが見当たらない。

 

そこで、梅田のヨドバシカメラで、

店員さんにお願いして、

実際に「AnyPen機能」を実演してもらいました。

 

正直な感想は…

「まだまだ、改善の余地あり…実用性に乏しい」

そんな感じでした。

 

確かに普通のペンで、

タップやスワイプ等はできますが…

そんなものは…

わざわざペンを使わなくても指でやればおしまいのこと。

 

私が期待していたのは、

細い線等を自由自在に書けること…

 

残念ながら…そのレベルには全く達していませんでした。


 

タブレットの選び方、今回は最終回として、

1円でも安く買うために…」

というテーマでお話しています。

 

お金持ちの方等…

安く買うことに興味のない方は、

今回の動画を見て頂く必要はありません。

 

ただ、1円でも安く買いたい‼

安く買った事を自慢したい‼


そんな方は、ご視聴いただけると幸いです。
 

ただし、決して…

楽して安く買える…等という方法ではございません。

結構、時間と手間がかかります。

 

だから…

そんな事に時間と労力を費やすのなら…

その分、働いてお金を稼いだ方が効率的…

 

そう言う「ツッコミ」はなしでお願いします。

 

情報を集めたり、店員と価格交渉したり…

そのプロセスが楽しかったりするのです。

 

大阪の方なら理解していただけるかもしれません。


 

今回は、タブレットを購入するにあたって、

どのようなステップを踏めば失敗しないのか

というテーマで動画を作りました。

 

基本的に以下3つのステップを実行すれば

タブレット選びで、大きな失敗はしないと思います。

 

STEP1】

<タブレットを使う目的・用途>

・タブレットで何をしたいのか

・毎日カバンに入れて外で使いたいのか

                  …等

STEP2

<スペック・価格等の情報を収集する>

・各メーカーサイトよりスペック情報を収集

・価格コム等で、機種毎の性能や価格を比較

                 …等

STEP3

<感覚的・定性的な情報を収集する>

・実物に触ってみることが大切

・持ちやすさやフィット感

                …等


 

店員の売り込みが、鬱陶しい。

ならば…通信販売で買えばよい。

 

そう言う意見もあります。

私も通信販売で買うのを否定はしません。

今では、アマゾン等、信頼できる通販企業が沢山ありますし、

大手の家電量販店も通販事業に力を入れています。

 

ただし、タブレットを購入するに際して、

メーカーや価格コム、通販サイト…

これらの情報だけで判断してよいものか?

 

そこの所に不安が残ります。

もちろん、スペック等のカタログ情報は手に入ります。

しかし、タブレットの場合、カタログ情報だけでは不十分です。

 

なぜならば、持ちやすさや操作感など、

数字では表せない感覚的な情報が大切だからです。

 

以外に大きくて、片手では持ちにくかった。

手に持ったときにひっかかりがなく、落としてしまいそう。

 

この様な情報は、

お店で見本機を触らないとわからないからです…。

 

ではどうすればよいのか?

その辺は動画でおしゃべりしていますので、ご覧下さい。

 

↑このページのトップヘ