スマホ・タブレットの使い方・活用マニュアル

スマートフォンやタブレット、デジカメ等、様々なガジェットの操作や活用方法、アプリやアクセサリーの紹介をしています。

コラム


 

現在、使用中のギャラクシーノート3の後継機として、

次期購入スマホの情報を集めている私。

 

価格コム等のサイトでユーザーレビューをチェックする。

ソニーのXperia Z4のレビューを読んでいると…

 

とにかく「発熱問題」に関する発言が多い。

 

例えば、

 

・発熱によるカメラの強制終了や

 CPUのクロックダウンによる処理速度低下

 画面端のタッチ無反応など、

 開発スパンの無茶な短期化の悪影響がモロに出たのか。

 

・発熱とバッテリーの持ちが最悪。

 

・画像はとてもきれいでいいのですが、

 カメラを立ち上げて 1~2分で 発熱のためアプリが終了。

 

勿論、これら発熱問題に関して、特に大きな問題ではない

と発言されているレビューもある。

 

しかし、3Dゲームや動画撮影等、CPUを酷使する使い方だと

発熱でシャットダウンしそうで怖い。

 

ソニーはNEX-5やα5100等のデジカメも、

発熱で強制終了の問題が話題になった。

ユーザーの皆さんは、それを知りながら…

だましだまし使っているという

 

しかし…私の場合…

正直、いくら高スペックだろうが…

発熱を気にしながら…だましだまし使用する…

そんな使い方は御免だ。

 

だから…

発熱で強制終了する製品は、買おうとは思わない。

私的には製品としては論外!

 

そう思っている…。

UQ
 


実際は3日間3GBの制限があるにも関わらず…

「ギガ放題」「データ量制限なし」等と…

通信量の制限がない様な誇大広告を展開してるとして、

UQコミュニケーションの「WiMAX2+」が炎上している。

 

まあ、この3GBという数字だが…

これをどう見るかが問題だ。

 

私は毎日かかさず、ネットに接続しているが、

個人で使用する分には、

3日間3GBに抵触することはほとんどない。

 

しかし、家族全員の分を合わせると…

3日で3GBでは全くたりない。

 

私はパソコン・タブレットから…

息子達はゲーム機から…

嫁はんはスマホから…

 

それぞれネットにアクセス…

特に…

息子がテレビよりもネット動画になった今、

この程度の容量では話にならない。

 

要するに家族全員のネット需要を

モバイルWiFiサービス一台で満たすことは不可能だ。

だから、自宅は固定の光サービスが絶対必要。

 

モバイルルーターは、

あくもでも、外出時の補助的手段

そう割り切って使うしかないだろう…

 

こんな事は、今更改めて書くことではないが…

 

家電量販店のモバイル販売員さんが、

固定ネット回線を解約して、こちらにすれば、

自宅でも外出先でも使えて便利等と…

しつこいので…

 

記事にしてみた。

 

私の愛用するZ3タブレット

ハードに使いすぎたために…

最近少し、タッチパネルの反応が鈍い。

 

とは言うものの…

修理に出す程のものではない。

普段使いには何ら問題は無いのだ。

 

ただし…

パズドラ等のゲームで使用する時、

タッチパネルの微妙な反応の劣化を感じてしまう。

 

反応スピードの若干のラグ…

一筆書き時の途中途切れ…

 

経年劣化というものなのか…

 

Z3に限らず

ギャラクシーノート3
も少し鈍くなってきた。

 

デジタルガジェットは、

進歩も凄まじいので…

製品の耐久性もそれなりに…

 

2年のサイクルで買い替えてくれ

そんなメーカーの意図なのかもしれない。


本日、何気なくヨドバシカメラをのぞいてみると…
XperiaZ3タブレット等が値上がりしていた。

家に帰ってネットで調べてみると…
値上げのプレスリリースが出ているではないか…

為替変動等の影響で、
製品の仕入れや製造原価が上がったためとのこと…

値上げ幅は5%~20%とのこと

マイクロソフトのサーフェスの値上げに続き…
ソニーのXperiaも値上げ…

値上げラッシュの日本だ!



グーグルが本日、
新たな検索デバイスを発表した。

あまりにも突然の発表だったので、
驚かされたのだが…

もっと驚かされたのは、
その形状や性能だ。

新しいデバイスの名前は、

「グーグルパンダ」

なんと、パンダのぬいぐるみの形をしている。

検索ボックス等の文字入力検索を廃し、
口頭による受け答えに特化しているという。

その応答レベルは、
どんな質問にも0.3秒以内に答えてくれるという。

発表会の様子等、詳しい内容は、
上記動画をご覧頂きたい。

↑このページのトップヘ