スマホ・タブレットの使い方・活用マニュアル

スマートフォンやタブレット、デジカメ等、様々なガジェットの操作や活用方法、アプリやアクセサリーの紹介をしています。

カテゴリ: コラム

スライド1
電子ノートで「すっきり」したい

2019年も残すところ、あとひと月あまり、そろそろ来年の手帳を新調しようと考えている方も多いのではないだろうか…

私の場合、これまではコクヨのキャンパスノートダイアリーと方眼ノートをノートカバーで一つにまとめて、手帳として使用してきた。

しかし、そろそろペーパーレス化を計りたい。ペーパーレスのメリットについては色々あるが、個人的な動機は、「すっきり」したいのだ

キンドル導入により、本の置き場所の心配がなくなった様に…電子ノート導入により、使用済みノートの保管場所の心配を無くしたい。

電子ノートなら、それ一冊で紙のノート数百冊分の容量があるし、PCやクラウドにバックアップすることも簡単にできる。もちろん、紙のノートや手帳も電子化できるが、正直、スキャナー作業が面倒くさい。

そんな訳で、「電子ノート」を導入することに決めた。今まで、スケジュール帳、仕事打ち合わせ用、アイデアノート…等、複数のノートを使い分けていたが、これからは、一冊の電子ノートに集約するのだ。

どの電子ノートを選ぶべきか?

電子ノートと言う以上、まずは「手書き」入力が基本。キーボード入力のものは、いくら小型で持ち運びやすくても、「電子ノート」ではなく「ノートパソコン」である。私は、思いついたアイデアをさっと手書きできる端末が欲しいのだ。

次に重要視したのが「目に優しいこと」。そんな訳で私が選んだのは、電子ペーパーディスプレイ。昨年、電子書籍リーダーとしてキンドルペーパーホワイトを導入して、本当に実感しているのだが、電子ペーパーディスプレイは、本当に「目に優しい」。PC・スマホで電子書籍を読むのと比べると、目の疲れ方が全然違う。

ひと言で表すと「手書きできる電子ペーパーを採用した」電子ノートと言うことになる。

そこで今回、導入候補として検討したのは、

・シャープ「WG-PN1

・富士通「クアデルノ(A5)」

以上の2機種、どちらも手書き可能な電子ペーパーを採用したモデルである。

仕様・スペックの比較スライド2

仕様・スペックは上記の通り。どちらも電子ペーパーにスタイラスペンで書く電子ノートであり、PCとも簡単に連携・接続できることは共通している。大きな違いは、画面サイズ。WG-PN1が6インチに対してクアデルノは10.3インチ(13.3型のもある)である。どちらのサイズを選ぶかは、個人の好みと言ったところだが、スケジュール手帳としての用途がメインなら、6インチで十分だろうし、アイデアノートとして使いたいなら、図表等もメモできる10.3インチが良いだろう。

ヨドバシカメラで両者を試用してみた…

しかし、スペック表だけの比較では、実際の書き心地等、わからない部分があるのも事実。そこで私は、ヨドバシカメラ梅田にて両者を試用して確かめてきた。

スタイラスペンの書き心地については、WG-PN1は、ツルッとした感触でほとんど抵抗がないのに対し、クアデルノの方は、サラッとした抵抗を少し感じた。紙のノートにシャーペンを使って書いた時の感触に少し似ている感じだ。

ページめくり等の反応速度に関しては、電子ペーパー端末なので、スマホの様にキビキビしている訳ではないが、個人的には両者とも及第点。紙のノートをページめくりした時も1秒程度はかかるのだから、何の問題もない。

ペンで書いた時の描画遅延に関しては、WG-PN1に関しては若干気になるものの、許せる範囲のものだった。対してクアデルノの方は、体感的にはほとんど遅延を感じなかった。

比較・検討の結果、「クアデルノ」を購入!

カタログスペックを比較し、実際にヨドバシカメラで両者を比較した結果、画面サイズが大きく、紙のノートに近い書き心地が気に入ったので、「クアデルノ」を購入した。まずはスケジュール・打ち合わせ・アイデア出し…これまで複数のノートを使い分けていたが、この「クアデルノ」一冊に集約したいと考えている…。

<2020/2/5:追記>
失敗しない電子ノートの選び方

こころグレードアップ

「こころ」集めに東奔西走

ストーリーモードもいよいよ5章に突入し、厳しい戦いが続いている。武器や防具を鍛えるために、そして「こころ」をグレードアップするために、ひたすら歩き続ける。

しかしながら「こころ」集めの旅は、長く厳しい。

そもそも落とす確率が低い上に、落としたとしてもDランクのものが大半。Sランクまで上げるには、Dランク換算だと2×3×3×4=72個も必要となる。時々、ASランクのこころを落とした時は、おもわず小さなガッツポーズをしてしまうほどだ。

「こころ」のフレンド交換を実装して欲しい!

そこで、運営サイドにお願いしたいのが、「こころの交換制度」

某ポケットモンスターと同じで、フレンド間で自由に「こころ」を交換できるようにしたらどうだろうか?

これで「こころ」集めが少しは楽になるし、そしてなによりフレンド間の活発な交流が行われること間違いなし。正直現在のシステムでは、フレンド間のからみがほとんどない。ソロプレイのゲームといっても過言ではない。

「こころ交換」には「ジェム」が必要!

もちろんこの「こころ」交換は、プレイヤーが一方的に有利になるシステムだ。フレンドと交換を繰り返すことにより、圧倒的にこころのランクアップが楽になる。そうなると、「こころ」のインフレが始まることが予想される。

そこでもう一つ提案したいのが、こころ交換にはジェムが必要となることにしたらどうだろうか、1回の交換=100ジェムあたりに設定すれば、無尽蔵のこころ交換は難しくなるし、運営サイドにもメリットがあるので、プレイヤーと運営の両サイドでWINWINの関係になるのではないだろうか…

運営様、ご検討のほど、よろしくお願いします!!

 

ドラクエウォーク

ドラクエウォーク「キラーマシン」に悪戦苦闘!

正式リリースから約1週間で500万ダウンロードを記録した「ドラクエウォーク」。

位置情報を使ったゲームと言えば…「ポケモンゴー」と「イングレス」があまりにも有名だが、このドラクエウォークはどんなテイストに仕上がっているのか?個人的には楽しみにしていた。

テイスト的には「ドラクエ3」を彷彿とさせる

実際プレイしてみたところ…位置情報ゲームではあるものの、内容的にはオーソドックスな王道RPGだった。道中で遭遇するモンスターを倒しながら、経験値やお金を貯めて、目的の場所にたどり着いたら、ストーリーが進んでいくというもの。

ひと昔前のRPGファンなら…慣れ親しんだプロットだ。

いつの間にか散歩の時間が3倍に!

位置情報ゲームなので、プレイヤーは実際に歩きながら目的地を目指していく。目的地の実際の場所は、基本は自分の現在地から、だいたい半径500メートル以内の「お店」や「企業」等の中から選ぶことになるが、自分で任意の場所を設定することも可能だ。

ちなみに散歩を日課にしている私だが…このゲームをはじめてから、散歩の時間が3倍になったことをつけ加えておきたい。ついついもう一話、次の目的地まで…と欲張ってしまうからだ…

序盤はサクサク進むものの…レベル上げ必須!

序盤は、どんどん先に進んでいくことができるものの…物語が進行するにつれて、敵のボスキャラが強くなってくるので、ある程度のレベル上げは必要だ。レベル上げをせずにストーリーを進めると敵のボスキャラに全滅させられてしまうハメになる…

第3章最終話のキラーマシンには注意!

ストーリー各話毎に推奨レベルが設定されているので、そのレベルに達していれば、楽勝でクリアできると思っていたが、思わぬところに落とし穴があった。第3章のラスボスキラーマシン戦(推奨レベル31)で全滅の憂き目に…それまでは、自動戦闘でもなんとかなっていたのに…このあたりからは、そんなに甘くなかった。

装備を鍛え、こころを充実させよう…

パーティのメンバーを推奨レベルまで、上げるのはもちろん必要だが、キラーマシン戦以降は、装備とこころの充実が必要だ。装備を鍛えて、強いモンスターのランクの高いこころを身につけることが重要になってくる…

星5つの装備は、今のところふくびきガチャ…しか…

ちなみに私はこれまでに50回以上福引を引いているのだが…いまだに星5つの装備はゼロ…

 

heros-shark2-banner@2x_2400

私事であるが…

新しいスマホを購入した。

 

買い替えた理由は、「電池持ちが極端に悪くなってきた」と言うのもあるが、一番の理由は、ゲームを楽しみたいから…

4年前のゼンフォーン2では、PUBG等の3Dゲームはまともに動かない…。まあ、アンチュチュベンチで5~6万点では、そりゃむりだろう…

 

そこで…今回は、

「最新3Dゲームが楽しめるスマホ」を導入したいと考えていた。スナドラ845以上のSOCを搭載したモデルを検討していたのだが… 

「ハイエンド機は値段がお高い!」

10万円は覚悟しなければならない。そう思っていた矢先にあるニュースが飛び込んできた。

 

Snapdragon 8556GB+128GB搭載の

Black Shark2 JAPANモデル」

が衝撃プライス49,800円(税別)

 

ハイエンド機なのに…

お値段はミドルクラス!

 思わずポチってしまいました。


スライド1

アマゾンもゲームストリーミングサービスに参入!

アマゾンもゲームストリーミングサービスの準備を進めているとの噂を、各メディアが報道した。今回は、今後拡大が予想されるゲームストリームサービスについてお話したい。

映画やドラマは既にストリーミングサービスの時代

映画と言えば、少し前までは、映画館に直接足を運んで観るか、ツタヤ等のレンタル店でDVD等を借りて観るかの、どちらかであった。

しかし、ここ数年で急速に様相は変わった。今ではオンデマンドで配信されるストリーミングサービスが中心だ。ネットフリックス、アマゾン、フールー、UNEXT等、多数の企業が参入し激しい競争を繰り広げている。

私自身も既に、映画に関してはストリーミングサービスを利用しており、最近では、レンタル店には、めったに足を運ばなくなった。月額固定料金で、見たい時に見たい映画を見られるこれらのサービスは便利だし、しかも料金も安価だ。

switchonline

ゲーム購入の方法も、店頭からダウンロード…そして

私は、子供の頃からゲームファンである。私が初めて購入したゲーム機は、ファミコンで、当時はロムカセットであった。それがプレイステーションではCDROMに代わり、プレイステーション2では、ブルーレイディスクに代わっていった。そして、そのころまでは、ゲームソフトをお店で買うのが主流だった。

しかし、最近は違う。ゲームはお店で買うものではなく、ダウンロードで買う時代になった。

私自身、PCゲームはSteam、スマホゲームはGoogle Playでダウンロード購入している。息子たちも、最近は、パッケージ版よりダウンロード版を好む様になった。年末に購入したSwitchのスマブラもダウンロード版だ。大容量のストレージが安価になった今、いちいちカードを差し替える必要もないダウンロード版の方が便利と言うのが、息子たちの言い分だ。

これからのゲームは、ダウンロードからストリーミングへ

現在のゲームは、既にオンライン対戦が主流になりつつある。私もワールドオブタンクスで戦車長になり、人狼殺では、名もなき村人になり、PUBGでは、孤独なスナイパーになっている。世界中のゲームファンと一緒に遊ぶのが、私の日常だ。

息子たちも同様である。スプラトゥーンでインクを塗りあい、マインクラフトで鬼ごっこを楽しんでいる。

ストリーミング配信になると何が変わるのか

それでは、ゲームのストリーミングサービスで何が変わるのか? 

ひとつだけ確実に言えるのは、高性能なハードを必要としなくなると言うことだ。

これまでは、特にPCゲームの場合、所有するハードの性能によってプレイヤー間の格差があったのも事実である。高性能なCPUGPUを搭載したPCの方が、グラフィックも美しく表示できるし、各種処理も早い。私も普通のノートPCからタワー型のゲーミングPCに代えることによって、歴然とした差を実感した。高性能なPCに変えることによって勝率が少しアップすると言うのも本当のことだ。

だからこそ、ゲーマー達は、より高性能なゲーミングPCに興味やあこがれをもっていた。

ハードの差では、有利に立つのは難しくなる。

ストリーミング配信では、グラフィック等の処理を、自身(クライアント)のPCではなく、サーバー側のPCが行ってくれる。そのため、クライアント側のPCの負担は小さくてすむ。高性能なPCを必要としなくなる訳だ。当然、ハードの差で優位に立てる部分は薄れていくだろう。

個人的な期待度は、配信されるコンテンツ次第!

私自身は、ストリーミングサービスそのものより、ストリーミングされるコンテンツに興味がある。以前に発売されたゲーム中心のストリーミングでは、それほど大きな興味はもてない。最新のゲームが続々とストリーミング配信されるのなら、逆に期待は大きく膨らむだろう。まずは、配信されるゲームの内容に注目していきたい。


↑このページのトップヘ