スマホ・タブレットの使い方・活用マニュアル

スマートフォンやタブレット、デジカメ等、様々なガジェットの操作や活用方法、アプリやアクセサリーの紹介をしています。

カテゴリ: コラム

新型Kindle Paperwhite 2018)モデル3つの魅力

スライド5

本を読むなら「紙の本がよいか、電子書籍がよいか」

巷では、これまで多くの議論がなされてきた。私的にも、一長一短があり、個人的な結論は出ていなかった。しかし、今回初めてKindle Paperwhiteを使ってみて、これからは電子書籍を中心にすると確信をもった。今回はそんなKindle端末の魅力を紹介したい。

魅力1「目に優しい」

私は、これまで電子書籍を読む際には、パソコン、スマホ、タブレット等の端末を利用してきた。これらのディスプレイは、目の負担が大きい。だから長時間読書に没頭したい時には、紙の本の方が良いと感じていた。しかし、キンドルを導入してその考えが変わった。E-inkディスプレイは、液晶ディスプレイと比べ、断然目に優しい。紙の本と比べても遜色がないレベルだ。

魅力2「フォントサイズが変えられる」

紙の本とは違い、キンドル本は、自由にフォントサイズを変えられるのが、大きな魅力だ。最近、年のせいで視力が衰え、小さな文字が読みにくくなった。紙の本は、印刷されているので、文字のサイズを変えることはできない。しかしキンドル本なら、自由に文字の大きさを変えられるので、読みやすい文字サイズに変更できるのが大きい。これは私にとって大きなメリットである。

魅力3「軽くて扱いやすい」

今回、購入したキンドル・ペーパーホワイトは、重さが182gしかない。これはスマホと同等の重さである。紙の本とは単純に比較することはできないが、少年漫画の単行本1冊程度の重さだ。ハードカバーの小説やビジネス書等と比べると断然軽いのがありがたい。

また、紙の本は、ページをめくる動作があるため、どうしても両手を使うことになるが、キンドルは、画面タッチでページめくりができるので、片手で扱えるところもGOODだ。
スライド3

正に読書のために特化した端末

カラー表示ができない等、キンドル・ペーパーホワイトにも、弱点は存在する。写真やカラー図解の多い本は、キンドルでは楽しめない。しかしその様な電子書籍は、PCやタブレットで読めばよいだけのことである。文字主体の電子書籍を読むには、最強の端末と言ってよいだろう。

「目に優しく、文字サイズも変えられ、軽くて片手で扱える」

これこそキンドル端末の絶対的な強みであり、スマホやタブレットでは代替できない魅力である。さらに新型キンドル・ペーパーホワイトはIPX8相当の防水機能でお風呂の中での読書にも対応してくれるのもありがたい。

電子書籍を読むのなら、絶対にもっておいて損はなし!

電子書籍は読まないと言うなら、キンドルは不必要な端末である。しかし、電子書籍を楽しみたいのなら、絶対購入しておいて損はないと断言できる。スマホやタブレットで読むのとは、目の疲れが全然違うからだ。最近視力が衰え始めた私にとって、目に優しいという事がどれほどのアドバンテージになるか、キンドルを使ってみて改めて実感した。

スライド8

読書習慣を取り戻したい中高年にお勧めしたい

以上のことから、キンドル・ペーパーホワイトをお勧めしたいのは、ズバリ中高年である。小さい文字が読みづらくなってきたので、読書の回数が減ってきた。そんな人にこそ是非お勧めしたい。目に優しく、文字の大きさを変えられるキンドル端末なら、また楽しい読書習慣を取り戻せるに違いないだろう…。

スマホのせいでお菓子が売れない!?

先日、ヤフーニュースでこんな記事が紹介されていた。

お菓子離れの原因は、「スマホ」…人気商品、相次ぎ生産終了。

お菓子離れ

記事を簡単に要約すると、「チョコフレーク」など、古くからあるロングセラーのお菓子が、相次いで生産終了に追い込まれている。理由として、種類の多様化の他、「手がべたつく」「汚れる」のでスマホの操作に支障が出る…といった内容だ。

チョコフレーク生産終了の理由をスマホのせいにするのは、少々、飛躍しすぎではないかとも思ったが、「なるほど」と思わせる部分も感じた。

スマホは私たちのライフスタイルを一変させた

スマホが登場して、まだ10年あまりだが、私たちのライフスタイルは一変した。自分自身を振り返ってみても…

・映像コンテンツは、テレビからスマホへ

・ニュース・情報は、雑誌・新聞からスマホへ

・音楽鑑賞は、MP4プレイヤーからスマホへ

・日常の写真撮影は、コンデジからスマホへ

この様に、多くのことをスマホで楽しむ様になった。実際、テレビやカメラや音楽プレイヤー等の黒物家電の機能の多くは、スマホの機能の一つとして取り込まれてしまった。スマホは、正に何でも取り込むモンスターの様な存在だ。

スマホが生活の人々の生活の中心に…

この様に、様々なことを楽しめるだけ存在だけに、人々にとって、スマホは娯楽アイテムの中心となる。同時に、日常生活の中で、最も長時間利用するモノとなってしまった。事実、通勤電車では、乗客のほとんどがスマホ画面を見つめている光景も、今では珍しくない。

洋服等のファッションアイテムもスマホの影響下に…

これほどまでに、生活の中心アイテムになってしまった以上、スマホでは代替できないモノまでもが、スマホの影響さを受けるのも無理はない。例えば…

・大型スマホも楽々入るポケット付きの洋服

・着けたまま、スマホが操作できる手袋

・衝撃からスマホを守るバックインバッグ

この様なアイテムが続々と登場しているのも事実だ。ここまで来ると、チョコフレークが生産終了の理由を、スマホの普及に求めるのも無理もない。チョコレートの付いた手で、スマホを操作したくないと思うのも納得できるからだ。私自身も、テレビを見ながら、ポテトチップやチョコフレークを食べたことはあるが、スマホをいじりながら、これらを食べたことはない。

菓子メーカーまでが、スマホ利用を意識した商品開発へ…そんな世の中が良いのか悪いのか…私には判断できない。

nox

スマホでも本格3Dゲームが続々登場!

数年前まで、スマホゲームと言えば、パズドラやモンスト等、2Dゲームが多かった。しかし最近は、CPUGPUの性能向上もあり、PUBGモバイルやフォートナイト等、3Dゲームが次々とリリースされている。そして最新のスマホなら、十分なグラフィック処理で、これらのゲームが楽しめる様になった。

昔のスマホでは、最新ゲームは厳しいことも…

しかし、3~4年前の安いスマホでは、性能が足りず、最新の3Dゲームは、まともに遊べないことが多いのも事実。3年前のZenfone 2 MaxPUBGモバイルを立ち上げたところ、カクつきやコマ飛びがひどく、ゲームとして遊べたものではなかった。

最新のハイエンドスマホを購入しろと言われても…

Dゲームを快適に遊びたいのなら、「iPhone XS」 や「Pixel 3」「Galaxy Note 9」等、最新スマホを導入すればよいのだが、これらの価格は、既に10万円クラスに突入している。正直、高すぎて、一般庶民の私にはホイホイ買い替えることはできない。

そうだ!PCでスマホゲームを遊ぼう!

幸いなことに、私にはゲーミングPCがあるので、アンドロイドのエミュレーターアプリ(Nox Player)でスマホゲームを遊んでみることにした。

すると、案外十分にゲームが楽しめる。むしろ本物のスマホよりも快適に遊べるぐらいだ。そんな訳で、スマホゲームは、PCで遊ぶのが当たり前になった。

スマホゲームをPCで遊ぶ3つのメリット
jinnrou
メリット1:迫力ある大画面で遊べる。

スマホが高性能になり、3Dゲームがサクサク遊べるといっても、携帯デバイスだ。画面サイズはせいぜい6インチ程度。小さな画面では迫力に欠ける。それに比べて、PCで遊べば大画面で遊べる。

メリット2:ゲームパッドやキーボードで操作できる。

スマホは専用ゲーム機ではないので、画面上の仮想パッドで操作することになる。しかしPCならゲームパッドやキーボード・マウスで操作できる。移動や、エイミング等は、ゲームパッドで操作した方が遥かに遊びやすい。さらに、チャット等の文字入力もキーボード入力で素早くできる。

メリット3:充電切れの心配がない。

ゲームに夢中になるあまり、途中で電池切れになった経験は、皆さんもあるだろう。特にオンライン対戦中の充電切れは、他のプレイヤーにも迷惑をかけてしまう。しかし、PCならコンセント給電で充電切れの心配はないし、通信環境も自宅の光回線なので安定している。

デメリットもゼロではないが、総じて快適。

もちろん、デメリットもある。パズドラ等のパズルゲームや、モンスト等のスワイプ操作等を多用するゲームは、スマホで遊んだほうが快適だ。また、通勤電車にPCを持ち込んで、プレイするなんて事はできない。

しかし、自宅等で腰を据えてプレイするなら、PCで遊ぶ方がよい。

15万円のスマホ買うなら、2万のスマホ+13万のゲーミングPCの方が…

これは、私の個人的な感想だが、ゲームプレイが目的なら、15万円出して、iPhone XS MAXを買うより、2万円程度のアンドロイドスマホと13万ゲーミングデスクトップPCをセットで買った方がよいと思っている。

 

magazine-897389_1920

スマホ普及でコンビニから雑誌が消え、カードが増える

皆さんも既にお気づきだと思うが、コンビニの雑誌売り場がどんどん縮小されている。これまで、コンビニの雑誌コーナーと言えば、入り口に面したもっとも目立つ場所に設置されていた。しかし、最近は違う。かつての雑誌コーナーがイートインスペースに改装されるお店が増えてきている。

コンビニにとって雑誌はもはやお荷物なのか

雑誌売り場の縮小・配置換の理由は、スバリ売れないからだ。売場面積の限られたコンビニにおいて、売れない商品を大きく扱う余裕はない。売上と利益に直結しない商品は、淘汰されるのが当然の定めだ。

プリペイドカード売場は拡大の一途

それに比べてプリペイドカードの取り扱いは、増える一方。アップル、グーグル、アマゾン、ライン、任天堂、楽天…様々なカードがひしめく様に陳列されている。最近では駅の小さな売店等でも、これらプリペイドカードが売られている。

ネットとスマホがもたらした流通革命

これらの変化は、全てネットとスマホがもたらしたものである。スマホの普及によって、ひとりひとりが、個人の端末を持つ時代になった。それにより、雑誌や書籍は、電子書籍やメンバーサイトに、ゲームやビジネスソフトは、パッケージからダウンロード&サブスクリプションへと流通チャネルを変化させたのだ。正にネットとスマホがもたらした一大流通革命と言ってよいだろう。

ネット購入の利便性は計り知れないが…失うものもある

私たち消費者にとって、雑誌やソフトをネットで購入する利便性は計り知れない。購入するのに、店に行く必要もなく、品切れの心配もない。いつでもどこでもすぐに購入し利用できる。

しかし、その利便性と裏腹に、「出かける楽しみ」と「運動量」を失った。以前は、本やゲームソフトを購入するために、梅田のヨドバシや紀伊国屋書店まで足を運んでいた。そのついでに、外食や映画鑑賞等を楽しんでいた。また運動不足を補う一つの手段でもあった。

それが、今や…
近くのコンビニで、プリペイドカードを買うだけになってしまった。


これからは、運動不足解消と外出の楽しみを取り戻すべく、神社仏閣めぐりでもはじめようと思案している…


 



今年は発売されたタブレットの新製品

アップルのiPad(2018年モデル)
ファーウェイのMediaPad M5 Pro

これらの10インチクラスタブレットは、
どちらも専用スタイラスペンによる

手書き&お絵書き!

が出来るのが大きな特徴だ。

絵ごころの無い自分にとって、
パソコンでわざわざ「手書き」することに、
大きな興味は湧いてこなかった。

しかし、今は興味深々である。
やはり…

「手書き」には「活字」にはない
不思議な魅力がある。

そう改めて認識させられた。

ワード等、活字で作られた文書であっても、
ペンで一言、手書きするだけ、
ちょっとした手書きイラストを加えるだけで…

「ぬくもり」が感じられる…
そんな文書に早変わりするからだ。

これからの時代…
Eメールで送信する活字文書でも、
ひとこと手書きメッセージを添えるのが、

トレンドになるかもしれない…













↑このページのトップヘ