スマホ・タブレットの使い方・活用マニュアル

スマートフォンやタブレット、デジカメ等、様々なガジェットの操作や活用方法、アプリやアクセサリーの紹介をしています。

カテゴリ: コラム

magazine-897389_1920

スマホ普及でコンビニから雑誌が消え、カードが増える

皆さんも既にお気づきだと思うが、コンビニの雑誌売り場がどんどん縮小されている。これまで、コンビニの雑誌コーナーと言えば、入り口に面したもっとも目立つ場所に設置されていた。しかし、最近は違う。かつての雑誌コーナーがイートインスペースに改装されるお店が増えてきている。

コンビニにとって雑誌はもはやお荷物なのか

雑誌売り場の縮小・配置換の理由は、スバリ売れないからだ。売場面積の限られたコンビニにおいて、売れない商品を大きく扱う余裕はない。売上と利益に直結しない商品は、淘汰されるのが当然の定めだ。

プリペイドカード売場は拡大の一途

それに比べてプリペイドカードの取り扱いは、増える一方。アップル、グーグル、アマゾン、ライン、任天堂、楽天…様々なカードがひしめく様に陳列されている。最近では駅の小さな売店等でも、これらプリペイドカードが売られている。

ネットとスマホがもたらした流通革命

これらの変化は、全てネットとスマホがもたらしたものである。スマホの普及によって、ひとりひとりが、個人の端末を持つ時代になった。それにより、雑誌や書籍は、電子書籍やメンバーサイトに、ゲームやビジネスソフトは、パッケージからダウンロード&サブスクリプションへと流通チャネルを変化させたのだ。正にネットとスマホがもたらした一大流通革命と言ってよいだろう。

ネット購入の利便性は計り知れないが…失うものもある

私たち消費者にとって、雑誌やソフトをネットで購入する利便性は計り知れない。購入するのに、店に行く必要もなく、品切れの心配もない。いつでもどこでもすぐに購入し利用できる。

しかし、その利便性と裏腹に、「出かける楽しみ」と「運動量」を失った。以前は、本やゲームソフトを購入するために、梅田のヨドバシや紀伊国屋書店まで足を運んでいた。そのついでに、外食や映画鑑賞等を楽しんでいた。また運動不足を補う一つの手段でもあった。

それが、今や…
近くのコンビニで、プリペイドカードを買うだけになってしまった。


これからは、運動不足解消と外出の楽しみを取り戻すべく、神社仏閣めぐりでもはじめようと思案している…


 



今年は発売されたタブレットの新製品

アップルのiPad(2018年モデル)
ファーウェイのMediaPad M5 Pro

これらの10インチクラスタブレットは、
どちらも専用スタイラスペンによる

手書き&お絵書き!

が出来るのが大きな特徴だ。

絵ごころの無い自分にとって、
パソコンでわざわざ「手書き」することに、
大きな興味は湧いてこなかった。

しかし、今は興味深々である。
やはり…

「手書き」には「活字」にはない
不思議な魅力がある。

そう改めて認識させられた。

ワード等、活字で作られた文書であっても、
ペンで一言、手書きするだけ、
ちょっとした手書きイラストを加えるだけで…

「ぬくもり」が感じられる…
そんな文書に早変わりするからだ。

これからの時代…
Eメールで送信する活字文書でも、
ひとこと手書きメッセージを添えるのが、

トレンドになるかもしれない…















マイクロソフトの本業は

もちろんソフトウェアだが、

最近はハードウェアも、

かなり力が入っていると感じる。

 

今回リリースされた、
サーフェスラップトップは、

スペックや機能面では、

特に目新しいところはないが、

おしゃれでスタイリッシュ

そんな逸品だと思う。

 

これまで私は、

NEC、富士通、東芝、等…

日本メーカーのPCを使用してきたが、

 

もし今、ノートPCを新調するなら、

サーフェスラップトップに魅力を感じる。

 

逆に、東芝やNEC、富士通等のノートPCに

魅力を感じなくなってきたのも事実。

 

例えば、

このサーフェスラップトップの公式HPと

ダイナブックの公式HPと比較すると、

同じノートPCの製品紹介のページでも、

コンセプトが全然違う

 

どちらが良いと感じるかは、

人それぞれだが

今の私にとっては…

サーフェスの方が断然魅力的。

 

スペック的にも

モバイルPCと考えれば十分。

それよりも、

携帯性や外観を重視したい。

そう思う今日この頃である。




先日、任天堂が
スイッチオンラインの概要を発表した。

ゲーム機のハードメーカーが、
有料のオンラインサービスを始めることは
珍しいことではない。

既に、プレイステーションのソニーも、
XBOXのマイクロソフトもやっている事だ。

しかし、
今回のニンテンドーのやり方には…
ちょっと疑問符が残る。

なぜならば…
ニンテンドーのゲームは
子供を対象にしたものが多いからだ。


実際私の息子たちも…
Wii Uのマイクラやスプラトゥーン
で毎日オンラインプレイを無料で楽しんでいる。

そのオンラインプレイが…
月額有料会員しか遊べなくなるのが、
スイッチオンラインサービスの肝だ。

正直、月額300円
年間一括契約だと2400円と
金額的にはたいしたものではないが…

問題は、金額の大小ではない。
一番のネックは、月額課金にすることで、
親の承認を得る必要があると言うことだ。

ゲームに理解ある親なら、問題はない。
しかし、教育熱心な親や、
子供がオンラインゲームに熱中する姿を
こころよく思わない親も沢山いるだろう…

そうなってくると…
せっかく、お年玉で新しいソフトを買っても…
親にオンラインサービスの入会を拒否されて…
子供が泣きじゃくる…

そんな光景が容易に想像できる。

任天堂が月額有料のサービスを始めるのは構わない。
しかし、購入したゲームのオンラインプレイだけは、
これまで通り無料で提供し続けてほしい。

ゲームに興味のない親にとっては、
オンラインプレイのできないスプラトゥーンは、
気の抜けたサイダーだという事を知らないのだから…



 




嫁さん用に今回、MediaPad M3を購入した。
私の愛機、Xperia Z3 Tabletと比較した時、


さすがに、発売日が2年違うこともあり、
順当に進化していると感じさせる。


4GBのメモリーに加え
64GBのストレージ
2560×1600の画面解像度。


8.4インチサイズの画面ながら
片手持ち可能な大きさなのもGOOD!


指紋認証センサー兼ホームボタンは、
ホームに戻る以外にも、
様々なアクションが可能。


音質に関しても、
XperiaZ3よりも断然上だ。


ただし、CPUであるKirin950の処理能力は
よくわからないので、
とりあえず「3Dマーク」のベンチを回してみる。


するとそこだけは少し残念な結果。
僅差だが、総合スコアでZ3に負け。
物理演算スコアでは、Z3に圧勝だが、
グラフィック性能は、Z3に負け。


コストパフォーマンスも高く
素晴らしいタブレットですが、
重めの3Dゲームなどを楽しみたい人は、
別の機種を選択することをお勧めしたい。


機種紹介及びベンチマークの様子を動画したので、
興味のある方は御覧ください。


↑このページのトップヘ