スマホ・タブレットの使い方・活用マニュアル

スマートフォンやタブレット、デジカメ等、様々なガジェットの操作や活用方法、アプリやアクセサリーの紹介をしています。

アプリ&アクセサリー

googlekeep

 
昔はメモと言えば…

手帳やメモ帳、ポストイット等…

紙に記入していたものだが…

 

最近では、

スマホでメモを取る方も多い。

 

スマホには、ほとんど標準で

メモアプリがインストールされている。

 

私のギャラクシーノート3にも

アクションメモという

Sペンの手書き入力にも対応した

優秀なアプリが入っているが…

 

今回、紹介するのは、

グーグル製のメモアプリ

「グーグルキープ」だ。

 

結論から言うと…

「メモアプリ」の決定版!

それぐらい個人的に気に入っている。

 

その決定的な理由は、

「クラウド保存のマルチデバイス対応」

 

スマホで書いたメモも、

即座にクラウドに保存される。

スマホで取ったメモを

後からPCで閲覧・修正も自由自在。

これは正直便利だ。

 

クラウド保存なので、

スマホのストレージを圧迫することもない。

 

よって…

不要なメモを消去する必要もない。

用事が済んだメモ、

当面見る必要の無くなったメモ等は、

アーカイブ化しておけばよい。

 

機能面においても、

・チェックリスト作成

・リマインダー機能

・写真・画像添付メモ

・ボイス付きメモ   …等

 

メモアプリに必要な機能は網羅している。

 

私は、グーグルキープを使い初めてから…

他のメモアプリは一切使わなくなった。

グーグルフォト

 

皆さんは、何で写真を撮りますか?

 

写真好きな私の場合…

一眼カメラ、コンデジ、スマホ、タブレット…

様々なデバイスで写真を撮りまくっている。

 

そんな写真をクラウドで一元管理できるのが、

「グーグルフォト」

 

クラウドで写真を管理すること自体、

いまさら珍しいことでもなんでもないが、

 

これは一味違う。

特筆すべきは、無料で容量無制限ということ。

 

無料のクラウドサービスは多数あるが、

15GBまでとか容量に制限があった。

それ以上の容量が必要な場合は「有料」。

 

しかし、

グーグルフォトなら…容量無制限!

だから…容量を気にせず…

全ての写真(失敗写真等も含めて)を

保管することができる。

 

勿論、クラウドなので…

PC、スマホ、タブレット…

どの端末からもアクセスできる。

 

写真の管理だけでなく…

面白い機能も沢山ある。

(こちらは別の記事で紹介したい)

 

とにかく…

写真ファンにとって…

 

またパソコンを持たない

スマホユーザーにとって…

 

容量を気にせず使える

グーグルフォトは、まさしく「神アプリ」

そう呼ぶにふさわしいだろう…

product-pack
 


ゴーグル型
VR(仮想現実)デバイスが、

最近少しづつ注目を集めている。

 

コンピューターゲームや観光案内等、

まず、エンタメ分野で広がりを見せている。

 

今回紹介するのは、

玩具メーカーのマテル社が発売する

「マテル・ビューマスター」

 

価格はなんと30ドル!驚きの安さだ。

その理由は、単体で使用できる訳ではなく、

スマホに装着して使用するからだ。

 

宇宙や野生動物等をテーマにした

専用アプリをスマホにダウンロード。

 

スマホを装着しゴーグルを覗くと…

 

目の前に…

プラネタリウムや野生動物、

古代遺跡…等の世界が広がる。

 

またAR(拡張現実)モードでは、

目の前の机の上に、スペースシャトル等

を浮かびあがらせることができる。

 

知的好奇心をくすぐる…

楽しい玩具、いやデバイスだ。

 

ちなみに、

現在の所、日本では未発売だが、

日本にも上陸することを期待したい。

2015_9_14_15_49_14_146

 

USJに遊びに行くなら

是非事前に入れておいて欲しいのが、

USJ公式アプリ」

 

同アプリをパーク内で使用すると…

 

本日のショー・スケジュールは勿論、

各アトラクションの現在の待ち時間、

GPSでパーク内の現在地も教えてくれる。


2015-10-12-19-32-32

 

本当に便利なアプリ!。

さらに、楽しいのが…

パーク内だけで作動するARカメラ。

 

ワンダーランドの前では…

エルモやスヌーピーのARが…

ジョーズアトラクションの前では…

ジョーズに登場する人喰いサメのARが…

 

パーク内にいる自分の位置によって…

その場所に相応しいAR映像が登場し、

記念撮影をもり上げてくれる。


2015_9_12_15_7_39_60

ちなみに、USJから一歩外にでると

ARカメラは一切作動しなくなる。

 

アトラクションの待ち時間等は、

このアプリでAR記念撮影するのが面白い。

 

勿論、無料ダウンロードできるので、

おすすめしたい楽しいアプリだ。

00026966_photo2 

スマホで写真が当たり前になった今日、

 

自撮り棒(セルフィースティック)と並んで、

じわじわと人気を高めているのが、

スマートフォン用カメラレンズ。

 

今では、広角、望遠、マクロ…等

実に様々な種類が発売されている。


61MwBcSY4AL__SL1000_
 

ポケットに入るミニサイズで、

値段もお手頃(千円~数千円程度)なものも多く、

ちょっとしたアクセサリーとして、

人気が出るのもうなずける。

 

そんな私も…ちょっと興味が出てきたので、

ネットで情報収集していると…

 

こんなものを見つけてしまったではないか

 

スマホ用50倍望遠レンズ!

 

スマホ用望遠レンズは、

5~10倍程度のものが多い中

この50倍は圧巻だ。

 

しかしながら…

スマホ用カメラレンズとしては

大きさも圧巻!

 

全長23cm 最大直径6.6cm

重さはなんと490g

 

私の所有するマイクロフォーサーズの

M.ZUIKO DIGITAL 14-150mm

(285g)の望遠レンズよりはるかに重い。

 

レンズ側に三脚をつけて撮影するという。

 

426207-912404-6

光学
50倍のレンズなので…

いくらスマホ用といっても、

この大きさになるのは仕方がないが…

 

ちょっと大きすぎる。

気軽なスマホアクセサリーとして

ポケットに入れて持ち運べない。

 

正直、これに1万6千円出すのなら…

もう少し奮発して…

高倍率コンデジを買うのが正解だと思う。

 

この異様なスマホレンズ

圧倒的なインパクト…

面白いので紹介して見た。

 

しかしいったい誰が買うのだろうか…

↑このページのトップヘ