スマホ・タブレットの使い方・活用マニュアル

スマートフォンやタブレット、デジカメ等、様々なガジェットの操作や活用方法、アプリやアクセサリーの紹介をしています。

カテゴリ: アプリ&アクセサリー



最近は、私もスマホで写真撮影を楽しむことが多いのだが、そんな私にとって…待ち望んでいたアクセサリが登場した。その名もShutterGrip (シャッターグリップ)。

スマホ写真は、撮影後はとても便利だが…

スマホで撮影した写真は、グーグルフォトに自動保存されたり、その場ですぐにSNSで投稿できたり、便利なことだらけなのだが…いくつか不満な点も残っていた。そしてその不満点は、すべて撮影時に発生しているものだ。

<スマホ撮影時の不満点>

・スマホは薄いので、グリップ性能に欠け不安定

・スマホは画面をタッチしてシャッターを切る

・要するに、撮影時にスマホを落としてしまわないか不安
shuttergrip12

スマホ撮影時の不満・不安を一気に解消

シャッターグリップはそんな私の不満や不安一気に解消してくれるアイテムだ。簡単にスマホに装着できる上に、グリップにはストラップもついている。

これで、撮影に夢中になるあまり、うっかりスマホを落としてしまう危険性がぐっと減る上に、「自分も写真を撮りたい」と子供がスマホをせがんで来た時も安心だ。
shuttergrip7

三脚穴もあり、リモートシャッターとしても使える。

更に便利なのは、三脚穴が付いているところと、シャッター部分が取り外せるのでリモートシャッターとしても使えるところだ。これで三脚や自撮り棒にも装着できる上に、リモートでシャッターを切ることができるので、ちょっとした集合写真の撮影などにも使うことができる。
SHUTTERGRIP2

購入は、発売元であるJust Mobileの公式サイトから

現在のところ、Just Mobileの公式サイトから1台$39.95で購入になるが、日本の販売代理店が同製品も取り扱ってくれれば、アマゾン等で購入することができる様になるだろう…個人輸入は面倒くさいので、早く日本でも取り扱って欲しいものだ





今回は、先日正式リリースされたマイクロソフトのWhiteboadというアプリを紹介したい。名前の通り、実際のホワイトボードをデジタルアプリ化したものだ。

バーチャル&デジタル化したホワイトボード

使い方は、実際のホワイトボードとほぼ同じ。画面上のホワイトボードに、ペンで文字を書いたり、付箋メモや写真を張り付けたりして使うことができる。もちろん、アプリなので実物のマーカーや白板消しの必要はないし、マーカーの粉を後から雑巾で拭きとる等の手間もいらない。

デジタル故に、実際のホワイトボードよりも機能が多彩。

デジタルアプリならではの便利機能も満載だ。例えば…①手書き図形や表を美しくオートシェイプ。②文字やイラストの切り取りや移動。③ネットで検索した写真やイラスト等を即時挿入。④付箋の色や大きさも自由自在に替えられる…等。この様に、実際のホワイトボードでは不可能な、数多くの機能を簡単に使うことができる。

遠くのメンバーとリアルタイム共同編集も可能

ファイルは、マイクロソフト内のクラウドに自動保存されるので。遠隔地にいるメンバーとリアルタイム共同編集可能だ。この機能とスカイプ等を組み合わせれば、会議室等に集まらなくても、わいわい楽しくブレストする、KJ法を使って、付箋メモを全員で整理・分類しながら、アイデアを議論するなんてこともできる。

【まとめ】ブレストやKJ法の際に便利なツール

ホワイトボード本来の使い勝手に加え、デジタルならではの機能も追加されているので使い勝手もよく、正にアイデアを生み出し整理するのに便利なアプリと言えるだろう。個人的には、特にブレストやKJ法を行う際に便利なツールだと感じている。

Windowsストアから無料で入手できるので、皆さんも一度使ってみてはいかがだろう。 

マイクロソフト「Sway」とは

Sway」はマイクロソフトオフィスの新しいプレゼンテーションアプリ。マイクロソフトのサーバーとアカウントで紐づいているため、作成編集等の作業はオフィスオンライン上で行う。作成したSwayコンテンツは、クラウド上に保存されるので、パソコンのストレージを圧迫しないのがうれしいところ。
また、マイクロソフトアカウントがあれば、無料で使えるのもありがたい。
Sway

Swayの特長

Swayの特長を一言で表すと、「誰でも簡単に見栄えのよいコンテンツがつくれる」タイトルやテキスト、写真や動画等をストーリーライン上にどんどん追加していけば、後は自動で美しいデザインに仕上げてくれる。

また完成したSwayコンテンツは、ツイッターやフェイスブック等で簡単に共有することができるし、自身のブログ等に張り付けることも可能だ。

Swayを使って、実際にコンテンツを作成してみた。

試しに作成したコンテンツはこちら、

ガイダンスにそって、タイトルや見出し、文書や写真をストーリーライン上に入れ込んでいくだけで、ある程度のデザインのコンテンツをつくることができた。

これは、写真さえアップロードしておけば、コラージュや動画を自動生成してくれるグーグルフォトのアシスタント機能に似ている。

Swayをどう活用するかが今後の課題

今回は、試しにSwayでコンテンツを作成したものの、今後、どう活用するのがよいか、いまひとつピンとこない部分がある。ビジネスシーンでのプレゼンはパワーポイント、映像コンテンツ作成なら動画編集ソフトがある。あえて挙げるとすれば、今回のように、外食やお出かけの記録を、サッとつくりたい時等だろうか…

ひとまずは、Swayにマッチした活用方法を探していきたい。



面白いスマホケースを見つけた。


ソフトバンクが運営する

クラウドファンディング型ショッピングサイト

「+Style」で発売中の


「InkCase i7(インクケース・アイ・セブン)」


一言で紹介するなら、

「スマホケース型の電子書籍リーダー」


こちらをiPhone7に装着することにより、

表と裏の2画面スマホが完成する。


同製品のスクリーンは

キンドルペーパーホワイト等と同じ

Eインクスクリーンなので、


スマホの液晶画面よりも目に優しい。


またスマホケース本来の役割である

スマホ本体を保護する機能性も高いという。


Phone7ユーザーで

電子書籍好きの方には良いかもしれない。


ただし、私の個人的な感想としては

楽しいアイデア商品だと思うが…

少し詰めが甘い。そう思ってしまう。


その理由は、

・いくらダブルスクリーンでも、表と裏だと

同時に2画面を使うことはできない。


・現在のところ、サポートファイルが.

txt形式とDRMのない.epub形式のファイルのみなので、

それ以外の形式の電子書籍等を移すことができない。


といったところか…


もう少し多くのファイル形式をサポートし、

画面も表・裏ではなく、

手帳形式の見開き2画面だったら良いのに…


そう思ってしまうのは、

私だけではないだろう…




今、人気のゲーミングヘッドセット

Steelseries Arctis 5 を購入した。


目的は、主に2つ

1.FPSゲームでの使用

2.ゲーム実況時の音声入力


これまで自分が使用してきた

ヘッドセットは実売2000円程度のもの。

ARCTIS 5 は1万3500円程度なので、

この両者を比較するのは、

本来は不適切かもしれないが、

ここはあえて比較してみる。


【着け心地・フィット感】

これまで使用してきたものより、

各段に着け心地がアップ。

ふんわりと、頭に優しい感じ。


【音質】

音質は段違いに上です。

音楽鑑賞に使用しても十分。

PUBG等のゲーム使用時も、イイ感じだが、

足音等の定位も測定できると思うが、

私のゲームの腕では、

戦績がアップを実感することはなかった。


【マイク性能】

マイク性能が良いと評判ですが、

ヘッドセットのマイクとしては良い…

といったところ。

クリアな音声で実況を行いたいなら

コンデンサーマイク等を、

別途、用意するのがベスト。


【デザイン】

ゲーミングらしくない、

シックなデザインが個人的に好き。

しかし、それでいて

イルミネーションするところが、

ゲーミング仕様らしいと感じる。


【総評】

着け心地よし、

音質よし、

デザインよし…


3拍子揃ったヘッドセットで大満足。

しかしマイク性能に関しては、

過度な期待は禁物。


マイク音声比較に関して、

他のヘッドセットやウェブカメラと

比較した動画を作成した。


気になる方は、

聞き比べてきてほしい。


↑このページのトップヘ