スマホ・タブレットの使い方・活用マニュアル

スマートフォンやタブレット、デジカメ等、様々なガジェットの操作や活用方法、アプリやアクセサリーの紹介をしています。

カテゴリ: カメラその他ガジェット

  

今回はCOMPUTEX TAIPEI 2018で、ASUSが発表したスマートウォッチ(ヘルストラッカー)「VivoWatch BP」を紹介したい。

「健康管理」アイテムとしてのスマートウォッチ

VivoWatch BPの一番の特長は、何といっても「血圧が簡単に測定できる」という点。腕に装着した状態で、本体のセンサーに15秒間、指をあてるだけで簡単に血圧が測定できるという。その仕組みは、「ECG」(心電図)と「PPG」(光学式)のセンサーを組み合わせで血圧を計測する。最近、血圧が気になりだした中年の私にとっては、とてもありがたい機能だ。

もちろん、血圧測定以外にも、24時間リアルタイムの心拍数測定、活動量計、睡眠トラッキング、紫外線計測など、様々な機能を備えている。

ヘルスAI搭載で健康状態をしっかりサポート

計測したデータは心拍数や睡眠状態など一緒にアプリに記録し、これらの結果をもとに、ヘルスAIが高血圧解消のためのカスタマイズされたアドバイスを提供してくれる。AIがどの様なアドバイスをするのか、個人的にはとても気になるところだ。

「運動もせず不規則な生活を続けるあなたは、早死にするでしょう…」なんて、厳しいメッセージが流れてきたら…面白いかも!

通常使用で最高28日間も使えるバッテリー

VivoWatch BPの電池は、通常使用なら最大で28日間もつという。頻繁に充電する必要が多いスマートウォッチが多い中、この電池持ちはありがたい。寝る前に必ず充電なんてことになると、睡眠状態を継続的に計測するのが難しくなる。その点、VivoWatch BPのロングライフバッテリーなら安心だ。

一刻も早く日本でも発売してほしい

血圧数値や健康状態が気になり出した中年の私にとって、VivoWatch BPは、正に願ってもないアイテム。私がこれを手にした暁には、毎日、公園を散歩し、十分な睡眠を取り、規則正しい生活を送っている。そんな光景がありありと浮かんでくる。一刻も早い日本でのリリースをお願いしたい。


back


 

スマホカメラの高性能化に伴い

縮小が進むコンデジ業界において、
何とか頑張って気を吐いているのは、

1.防水タフネスコンデジ

2.1インチセンサーコンデジ

この2つのカテゴリーだ。


防水タフネスコンデジでは、

オリンパスのTG-5が好調なのだが、


センサーサイズが1/2.3なのに、

少し不満を持つ方もいるという。


1インチセンサーで、

「防水タフネスコンデジを!」


そんな一部のカメラファンの要望に

応えて登場したのが、ソニーRX10だ。


本機は、

1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RS™

有効約1530万画素メモリー一体型と、


ZEISS® Tessar T* 24mm広角レンズを搭載。

水深10mの防水性能や

2.0mの落下耐性

200kgf耐荷重の堅牢性を備えているという。


更に960FPSのスーパースローモーション撮影も可能と


水中撮影やアクション撮影を

美しい画質で撮影したい


そんなカメラファンの要求に応える一台になりそうだ。


ただし、万人受けしない1台であるのも事実。


単焦点レンズなので

ズーム撮影ができないし、

チルトやバリアングル液晶でないので、

自撮りもやりにくい。


それでも、間違いなく

このカメラの登場を望んでいた人もいる。


そんなマニア向けの本機だが、

まずは、そんなニッチな要求に応えてくれた

ソニーに拍手を送りたい。





5万円代の50インチ4Kテレビ発売で

世間の話題を集めたドン・キホーテが、


今度は4980円(税別)でGo Proもどきの

アクションカメラを発売した。


今回もマスコミがこぞって報道しているが、

果たして…

「本当に激安なのか?」

「コスパが高い商品なのか?」


その辺を検証すべく色々と調べてみた。


まず、スペック的な部分は、

フルHDで30FPSと

特に紹介すべき部分はなく至って平凡。


価格面でも、

一見、4980円(税別)と安そうに見えるが、

同程度の性能なら中華製のものなら

アマゾンで2~3000円で購入できる。


実際撮影した時の、画質等も、

購入者のレビューや動画をみる限り、

特に優れたものとは言えない。


これらを踏まえた私の感想は、

「平凡な価格設定、平凡な性能」

「せいぜい価格相応のもの」


にもかかわらず、

マスコミがこれほど取り上げるのも…

「本当に不思議」


きっと、ドンキホーテの広報さんが…

一生懸命、頑張っているのだろう。






私が愛用するタフネスコンデジTG-4の後継機

OLYMPUS STYLUS TG-5 tough

のスペックがデジカメインフォなどで紹介されている。

 

まだ公式発表ではないが、

新型1200万画素の裏面照射型CMOSセンサー

K30Pの他、FHD120FPSのハイスピードムービー

EM1マーク2に搭載された「プロキャプチャーモード」

 

等、さすがに2年間の沈黙を破って登場させるだけあって、

期待のもてる内容に仕上がっているようだ。

 

私の勝手な希望だが、

もし、新型センサーにより、従来機のTG-4と比べて

画質と高感度性能などが大幅に向上しているとなれば、

タフネスコンデジの中では、

頭一つどころか二つ飛びぬけた存在になる。

 

そうなれば、

アウトドアファンはもちろん、

一般カメラファンも飛びつく可能性が大。

 

人気殺到でしばらく品切れが続くなんてことも考えられる。

コンデジ業界は今、虫の息状態だけに…

なんとか、TG-5で盛り上がってもらいたいものだ。

 

ecotank1
 


文書や写真等を印刷する機会が、

最近、めっきり減ってしまった。

 

オフィスの文書は、OneDriveに…

写真はグーグルフォトに…

 

クラウドに保存しているので、

見たくなったら…

どの端末からでもすぐに見れるからだ。

 

以前の様に、印刷して持ち歩く等という事はない。

 

また、印刷コストがバカ高かいのも、

印刷を躊躇する原因のひとつ…

 

写真の印刷等は、

家庭用プリンターで印刷するより

量販店等で印刷した方がお手軽で安くつく。

 

そんな訳で、現在は…

提出用の文書ぐらいしか

印刷しなくなってしまった。

 

おそらく…

皆さんもそうでないだろうか…

 

写真を印刷して見せるではなく…

写真をスマホ画面で見せる。

そんな時代に変わってしまったのだ。

 

そうなると困ってしまうのは

プリンターメーカーだ。

 

利益の源泉である

インクカートリッジが売れなくなる。

また互換インクにシェアを奪われる。

 

「本体を安く提供して…高いインクで稼ぐ」

 

そんなビジネスモデルが崩壊しつつある。

 

そんな中…

エプソンが起死回生を狙ってリリースしたのが…

エコタンク搭載カラープリンターだ。

 

大型インクタンクを搭載しているので、

同梱されているインクで、

11300枚ものプリントが可能。

 

メーカーは2年間、

インク交換不要とうたっているが、

私の様な個人だと…

ガンガン印刷しても、5年ぐらいもちそうだ。

 

印刷コストも圧倒的だ

メーカーの発表によると…

従来の製品が、カラー約13.5円、モノクロ4.1/

なのに対して…

本製品は、カラー約0.8円、モノクロ0.4/

と比較にならない。

 

面倒なインクカートリッジ交換の手間も省ける。

 

これなら…いろいろ印刷してみようかな…

そんな気にさせられる。

 

次回、買い替え時は、

エコタンク搭載プリンターで決まりだ。

↑このページのトップヘ