スマホ・タブレットの使い方・活用マニュアル

スマートフォンやタブレット、デジカメ等、様々なガジェットの操作や活用方法、アプリやアクセサリーの紹介をしています。

カテゴリ: カメラその他ガジェット

プレゼンテーション1

時代のニーズが生み出した「革新的デジタルカメラ」

写真・動画の愛好者にとって、プロの様な滑らかな動画を撮影したい。そんなニーズに応える様に、スマホに装着できる小型ジンバル等がひそかに人気を集めていたが、今回ついに、究極の製品が発表された。それが今回紹介する「Osmo Pocket」(オズモポケット)だ。

ジンバルとカメラが一体となった超コンパクトボディ

ドローンやジンバルで有名なDJI社が発表した「Osmo Pocket」は、ジンバルとカメラが合体した超小型デジタルカメラである。そのサイズは、28.6(幅)×36.9(奥行)×121.9(高さ)mmで、重量は約116gと、すっぽり手のひらに収まる程である。

小型だからこそ誰でも・いつでも気軽に撮影できる

同製品の魅力は、そのコンパクトさに集約できる。なめらかな動きのある動画を撮るには、以前なら、大型カメラにスタビライザーといった重装備が必要だった。プロカメラマンならそれも理解できるが、私の様な素人には、重量的・経済的・そして何より精神的に荷が重い。その様な恰好で、息子が遊園地ではしゃぐ動画を撮影するなど、恥ずかしくて出来る訳がない。

しかし、このOsmo Pocketは、これら私の悩みを一掃してくれる画期的な製品である。

・気軽に持ち運べるコンパクトボディ(重量面)

・税込み44,900円というお手頃(経済面)

・一目を気にする必要なく撮影可能(精神面)

まさに、私のニーズにぴったりマッチする。初詣の様子をこのカメラで撮影したい…昭和の面影を残す商店街を散歩しながら撮影したい…そんな具体的なイメージがどんどん膨れ上がってくる。

スマホでは実現できない様々な映像表現が可能

小型でリーズナブルなOsmo Pocketであるが、そのポテンシャルは侮れない。ジンバルの効果で映画の様な滑らかな動画が撮れるのはもちろん、自動制御で3×3の合計9枚の写真を撮影してつなぎ合わせる「3×3パノラマ」、被写体をタップするだけで画面中央にトラッキングする「アクティブトラック」、人の顔だけをトラッキングする「フェイストラック」、「タイムラプス/モーションラプス」、23秒の長時間露光撮影に対応する「ナイトショット」、「セルフィー」など多彩な機能が満載だ。この様にスマホでは難しい様々な映像表現が簡単に実現できるのがうれしい。

日本のカメラメーカーよ、もっと頑張ってくれ

個人的には、是非手にいれたい魅力的な製品であることに間違いはない。

しかし残念に思うことが一つある。それは、この製品を発表したのが、中国の企業と言うことだ。このような革新的な製品こそ、本来なら日本企業が世界に先駆けて発表すべき製品ではないだろうか。そもそもカメラの分野は、日本のお家芸ではなかったのか…

「日本の製造業よ、かつての輝きを取り戻してくれ!」



yongnuo-yn450-768x512

一眼カメラでもスマホの色々なアプリが使えたらうれしいのに…

こんな想像をしたことがあるデジカメファンは大勢いるだろう。そんな一眼カメラがまもなく登場するかもしれない。それが中国のレンズメーカー、ヨンヌオ(Yongnuo)のミラーレス一眼カメラ「YN450」(仮称)である。

EFマウントレンズにマイクロフォーサーズのボディ!?

YN450に関しての情報は、まだ少なくヨンヌオの日本語公式サイト等を調べても、詳しい紹介はない。まだまだ謎に包まれた存在ではあるが、現在の情報をまとめると…

 

・アンドロイド7.1搭載

・キャノンEFマウントレンズが使える

・マイクロフォーサーズセンサーを搭載

・ミラーレス一眼ガメラ

・スマートファンとしても使える

・クアルコムのSOC搭載

 

Yongnuo_camera

なんとなくチグハグなイメージが拭えない

個人的な感想は、期待と不安が交錯している。正直、キャノンのEFレンズは、マイクロフォーサーズの規格ではない。ひょっとしたら、ヨンヌオはYN450向けにEFマウントの専用レンズもリリースするのかもしれないが、なんとなく今のままでは、チグハグなイメージが拭えない。

新しいチャレンジには、盛大な拍手を!

しかしながら、新しいチャレンジを試みたヨンヌオの姿勢には、大いに共感できる。一眼デジカメとスマホが融合した製品はこれまで存在しなかった。挑戦者としてこの様な製品を世に生み出したヨンヌオには素直に拍手を送りたい。

現在のところ、光学カメラとしての性能は未知数で、どんな写真が撮れるのかもわからない。だから多くの人々にとって、不安もあるだろう。

しかし、デジカメが登場した当時のことを思い出してほしい。発売当初のデジカメは35万画素程度で、写真の画質としては、とてもフィルムカメラにかなうものではなかった。だからデジカメはブログに掲載する写真程度ならよいが、本格的なフィルムカメラの代わりにはならないと言う人も大勢いた。しかし、その後の急速な進歩によって、今では、デジカメがフィルムカメラに完全に取って代わったではないか…

イノベーティブな製品は、一般人に期待と不安の両方を与える

もしかしたら、このヨンヌオYN450は、「一眼スマホ」というカテゴリーを生み出す始祖鳥的存在なのかもしれない。個人的には大いに注目していきたいと思う。

アンリミティブ1

スマートフォンの普及に端を発し、最近ではスマートウォッチ、スマートスピーカー、スマートTV…等、様々なスマートグッズが登場している。そんな中から、バンダイが、今回発表したスマートシューズ「UNLIMITIV」(アンリミティブ)を紹介したい。

スマホと連動!楽しく運動!

アンリミティブは、スマホアプリと連動し運動量を測定してくれる。そんなスマートシューズだ。活動量を測定するアイテムとして、スマートウォッチやスマートバンドがメジャーだが、付け忘れてしまうことも多いだろう。しかし、このスマートシューズなら、靴を履くだけなので、そんな心配もない。さらにこいつには、楽しく運動できる仕組みが組み込まれている。それが「スマホゲーム」と「運動」の一体化だ。
アンリミティブ2

「楽しんだヤツが、一番速い!」

アンリミティブには、玩具メーカーのバンダイらしい、「遊びごころ」が満載だ。アンリミティブのアプリには、毎日のウォーク・ラン・ダッシュの歩数をポイント化できる「フィールドモード」と6つのトレーニングメニューで運動能力を高めるサポートをする「アルティメットモード」が搭載されている。

「フィールドモード」は、歩数によってポイントがたまるモードだ。ただし、「歩く」より「走る」。「走る」より「ダッシュ」の方が一歩あたりのポイントが高くなる。(1歩あたり、歩く=1PT、走る=2PT、ダッシュ=3PT

「アルティメットモード」は、6つのトレーニングメニューがある。「フットリフト」「クイックリアクション」「スプリングジャンプ」「バック&ゴー」「サイドアジリティ」「ダッシュスクワット」これらは、主に瞬発力や敏捷性を高めるものだ。トレーニングの成果によって「称号」がもらえるのも嬉しい。各トレーニングの具体的な方法については、公式サイトの動画で紹介されているぞ!


アンリミティブ5

貯めたポイントは、ゲームアプリで使える。

アンリミティブ一番の特長は、トレーニングで貯めたポイントを使ってゲームアプリが楽しめるという点。具体的なゲーム内容は、今のところ明らかにされていないが、友達同士で対戦が可能なゲームとの噂もある。玩具メーカーのバンダイがリリースするアプリだけに、その期待は高まるばかりだ。このゲームアプリの出来栄え一つで、アンリミティブが大ブレイクするかどうか決まると言ってよいだろう。
アンリミティブ6

個人的には、大ヒット商品になると予想!

発売前なので、あくまで個人的見解ではあるが、大ヒット商品になると予想している。その一番の理由は、

「親が子供に与えたくなる商品だから…」

我が家の息子たちも例にもれず、フォートナイトのオンラインプレイ等、TVゲーム三昧の様子だ。友達同士、ボイチャを使ってオンラインプレイするのが楽しいのは分かるが、正直、もう少し外で遊んで欲しいと思っている。

アンリミティブがきっかけで、少しでも外で遊ぶ様になれば、ありがたいと思う。そのためには、やはりトレーニングポイントで遊べるゲームアプリが面白いものでなくてはならない。ゲームアプリで遊ぶために、外でトレーニングすると言うのは、おかしな話かもしれないが、子供の運動不足が解消されるならそれでよい。

アンリミティブ4

大人向けのアンリミティブも早く発売してほしい!

現在発表されている靴のサイズは、24㎝までというのが残念なところ、小学生をターゲットにした商品なのは理解しているが、大人サイズも是非発売してほしい。そうすれば、アンリミティブをはいて息子と一緒に散歩に出かけ、アプリで遊ぶ。そんな親子のコミュニケーションをサポートしてくれるアイテムになるからだ。

子供の運動不足を解消し、親子のコミュニケーションを充実させる。アンリミティブは、そんな可能性を秘めたアイテムになると確信している。

  

今回はCOMPUTEX TAIPEI 2018で、ASUSが発表したスマートウォッチ(ヘルストラッカー)「VivoWatch BP」を紹介したい。

「健康管理」アイテムとしてのスマートウォッチ

VivoWatch BPの一番の特長は、何といっても「血圧が簡単に測定できる」という点。腕に装着した状態で、本体のセンサーに15秒間、指をあてるだけで簡単に血圧が測定できるという。その仕組みは、「ECG」(心電図)と「PPG」(光学式)のセンサーを組み合わせで血圧を計測する。最近、血圧が気になりだした中年の私にとっては、とてもありがたい機能だ。

もちろん、血圧測定以外にも、24時間リアルタイムの心拍数測定、活動量計、睡眠トラッキング、紫外線計測など、様々な機能を備えている。

ヘルスAI搭載で健康状態をしっかりサポート

計測したデータは心拍数や睡眠状態など一緒にアプリに記録し、これらの結果をもとに、ヘルスAIが高血圧解消のためのカスタマイズされたアドバイスを提供してくれる。AIがどの様なアドバイスをするのか、個人的にはとても気になるところだ。

「運動もせず不規則な生活を続けるあなたは、早死にするでしょう…」なんて、厳しいメッセージが流れてきたら…面白いかも!

通常使用で最高28日間も使えるバッテリー

VivoWatch BPの電池は、通常使用なら最大で28日間もつという。頻繁に充電する必要が多いスマートウォッチが多い中、この電池持ちはありがたい。寝る前に必ず充電なんてことになると、睡眠状態を継続的に計測するのが難しくなる。その点、VivoWatch BPのロングライフバッテリーなら安心だ。

一刻も早く日本でも発売してほしい

血圧数値や健康状態が気になり出した中年の私にとって、VivoWatch BPは、正に願ってもないアイテム。私がこれを手にした暁には、毎日、公園を散歩し、十分な睡眠を取り、規則正しい生活を送っている。そんな光景がありありと浮かんでくる。一刻も早い日本でのリリースをお願いしたい。


back


 

スマホカメラの高性能化に伴い

縮小が進むコンデジ業界において、
何とか頑張って気を吐いているのは、

1.防水タフネスコンデジ

2.1インチセンサーコンデジ

この2つのカテゴリーだ。


防水タフネスコンデジでは、

オリンパスのTG-5が好調なのだが、


センサーサイズが1/2.3なのに、

少し不満を持つ方もいるという。


1インチセンサーで、

「防水タフネスコンデジを!」


そんな一部のカメラファンの要望に

応えて登場したのが、ソニーRX10だ。


本機は、

1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RS™

有効約1530万画素メモリー一体型と、


ZEISS® Tessar T* 24mm広角レンズを搭載。

水深10mの防水性能や

2.0mの落下耐性

200kgf耐荷重の堅牢性を備えているという。


更に960FPSのスーパースローモーション撮影も可能と


水中撮影やアクション撮影を

美しい画質で撮影したい


そんなカメラファンの要求に応える一台になりそうだ。


ただし、万人受けしない1台であるのも事実。


単焦点レンズなので

ズーム撮影ができないし、

チルトやバリアングル液晶でないので、

自撮りもやりにくい。


それでも、間違いなく

このカメラの登場を望んでいた人もいる。


そんなマニア向けの本機だが、

まずは、そんなニッチな要求に応えてくれた

ソニーに拍手を送りたい。



↑このページのトップヘ