いよいよ「Galaxy Fold」がauより発売!

いよいよ日本でも、「Galaxy Fold」がauより発売される。

折りたたみ可能な7.3インチ有機ELディスプレイを搭載しており、ガジェットファンは大いに注目している。

ハード面は、フラッグシップ機に相応しく最新鋭

SOCはスナドラ85512GRAM512Gのストレージともはやノートパソコンに匹敵する内容だ。正直、一般スマホユーザーにとってここまでの性能が必要かどうかと問われれば、疑問符がつく。

価格はなんと24万円オーバー

auが発表した端末価格は245,520円と、こちらもハイエンド仕様。私、個人的にはとても手を出せる価格ではない。24万出すなら、デスクトップのゲーミングPC20万で購入し、余ったお金でミドルレンジのスマホを新調するだろう…

この価格でも購入するのは、「金持ちのガジェットファン」に限定されるのではないだろうか?

折りたたみスマホの可能性に注目

しかしながら、折りたたみスマホの可能性については、大いに注目している。ただ単に折りたたむことができる故、ポケットに入れられるというメリットだけでは、インパクトが弱いものの、OSや専用のアプリ等が充実し、新しいユーザー体験が生まれることに期待している。

これらの体験が楽しさと利便性を生み出してくれれば、一般ユーザーから、もっと多くの注目を集め、普及にはずみがつき、価格もこなれていくに違いない。

その様な意味からも、まさしくGalaxy Foldは未来のスマホ像を占う試金石と言えるだろう