スライド1

アマゾンもゲームストリーミングサービスに参入!

アマゾンもゲームストリーミングサービスの準備を進めているとの噂を、各メディアが報道した。今回は、今後拡大が予想されるゲームストリームサービスについてお話したい。

映画やドラマは既にストリーミングサービスの時代

映画と言えば、少し前までは、映画館に直接足を運んで観るか、ツタヤ等のレンタル店でDVD等を借りて観るかの、どちらかであった。

しかし、ここ数年で急速に様相は変わった。今ではオンデマンドで配信されるストリーミングサービスが中心だ。ネットフリックス、アマゾン、フールー、UNEXT等、多数の企業が参入し激しい競争を繰り広げている。

私自身も既に、映画に関してはストリーミングサービスを利用しており、最近では、レンタル店には、めったに足を運ばなくなった。月額固定料金で、見たい時に見たい映画を見られるこれらのサービスは便利だし、しかも料金も安価だ。

switchonline

ゲーム購入の方法も、店頭からダウンロード…そして

私は、子供の頃からゲームファンである。私が初めて購入したゲーム機は、ファミコンで、当時はロムカセットであった。それがプレイステーションではCDROMに代わり、プレイステーション2では、ブルーレイディスクに代わっていった。そして、そのころまでは、ゲームソフトをお店で買うのが主流だった。

しかし、最近は違う。ゲームはお店で買うものではなく、ダウンロードで買う時代になった。

私自身、PCゲームはSteam、スマホゲームはGoogle Playでダウンロード購入している。息子たちも、最近は、パッケージ版よりダウンロード版を好む様になった。年末に購入したSwitchのスマブラもダウンロード版だ。大容量のストレージが安価になった今、いちいちカードを差し替える必要もないダウンロード版の方が便利と言うのが、息子たちの言い分だ。

これからのゲームは、ダウンロードからストリーミングへ

現在のゲームは、既にオンライン対戦が主流になりつつある。私もワールドオブタンクスで戦車長になり、人狼殺では、名もなき村人になり、PUBGでは、孤独なスナイパーになっている。世界中のゲームファンと一緒に遊ぶのが、私の日常だ。

息子たちも同様である。スプラトゥーンでインクを塗りあい、マインクラフトで鬼ごっこを楽しんでいる。

ストリーミング配信になると何が変わるのか

それでは、ゲームのストリーミングサービスで何が変わるのか? 

ひとつだけ確実に言えるのは、高性能なハードを必要としなくなると言うことだ。

これまでは、特にPCゲームの場合、所有するハードの性能によってプレイヤー間の格差があったのも事実である。高性能なCPUGPUを搭載したPCの方が、グラフィックも美しく表示できるし、各種処理も早い。私も普通のノートPCからタワー型のゲーミングPCに代えることによって、歴然とした差を実感した。高性能なPCに変えることによって勝率が少しアップすると言うのも本当のことだ。

だからこそ、ゲーマー達は、より高性能なゲーミングPCに興味やあこがれをもっていた。

ハードの差では、有利に立つのは難しくなる。

ストリーミング配信では、グラフィック等の処理を、自身(クライアント)のPCではなく、サーバー側のPCが行ってくれる。そのため、クライアント側のPCの負担は小さくてすむ。高性能なPCを必要としなくなる訳だ。当然、ハードの差で優位に立てる部分は薄れていくだろう。

個人的な期待度は、配信されるコンテンツ次第!

私自身は、ストリーミングサービスそのものより、ストリーミングされるコンテンツに興味がある。以前に発売されたゲーム中心のストリーミングでは、それほど大きな興味はもてない。最新のゲームが続々とストリーミング配信されるのなら、逆に期待は大きく膨らむだろう。まずは、配信されるゲームの内容に注目していきたい。