yongnuo-yn450-768x512

一眼カメラでもスマホの色々なアプリが使えたらうれしいのに…

こんな想像をしたことがあるデジカメファンは大勢いるだろう。そんな一眼カメラがまもなく登場するかもしれない。それが中国のレンズメーカー、ヨンヌオ(Yongnuo)のミラーレス一眼カメラ「YN450」(仮称)である。

EFマウントレンズにマイクロフォーサーズのボディ!?

YN450に関しての情報は、まだ少なくヨンヌオの日本語公式サイト等を調べても、詳しい紹介はない。まだまだ謎に包まれた存在ではあるが、現在の情報をまとめると…

 

・アンドロイド7.1搭載

・キャノンEFマウントレンズが使える

・マイクロフォーサーズセンサーを搭載

・ミラーレス一眼ガメラ

・スマートファンとしても使える

・クアルコムのSOC搭載

 

Yongnuo_camera

なんとなくチグハグなイメージが拭えない

個人的な感想は、期待と不安が交錯している。正直、キャノンのEFレンズは、マイクロフォーサーズの規格ではない。ひょっとしたら、ヨンヌオはYN450向けにEFマウントの専用レンズもリリースするのかもしれないが、なんとなく今のままでは、チグハグなイメージが拭えない。

新しいチャレンジには、盛大な拍手を!

しかしながら、新しいチャレンジを試みたヨンヌオの姿勢には、大いに共感できる。一眼デジカメとスマホが融合した製品はこれまで存在しなかった。挑戦者としてこの様な製品を世に生み出したヨンヌオには素直に拍手を送りたい。

現在のところ、光学カメラとしての性能は未知数で、どんな写真が撮れるのかもわからない。だから多くの人々にとって、不安もあるだろう。

しかし、デジカメが登場した当時のことを思い出してほしい。発売当初のデジカメは35万画素程度で、写真の画質としては、とてもフィルムカメラにかなうものではなかった。だからデジカメはブログに掲載する写真程度ならよいが、本格的なフィルムカメラの代わりにはならないと言う人も大勢いた。しかし、その後の急速な進歩によって、今では、デジカメがフィルムカメラに完全に取って代わったではないか…

イノベーティブな製品は、一般人に期待と不安の両方を与える

もしかしたら、このヨンヌオYN450は、「一眼スマホ」というカテゴリーを生み出す始祖鳥的存在なのかもしれない。個人的には大いに注目していきたいと思う。