レノボが、IFAで発表した「Yoga Book C930」に注目。

ヨガブックシリーズは、通常のラップトップモードのほか、タブレットモードやテントモード等、多彩な変形が特長の2in1 モバイルパソコンだが、今回発表したC930は、なんと、液晶とE-inkディスプレイの2画面を搭載した、究極のユニークガジェットだ。

E-inkディスプレイの用途は変幻自在

新型ヨガブックは、さらにユニークさが増した。新しく搭載したE-inkディスプレイは、仮想キーボード・手書きノート・電子書籍リーダー、…等、ボタン一つで様々なモードに切り替えることができる。これまでもE-ink(電子ペーパー)ディスプレイを搭載した端末は、Kindleシリーズ等の電子書籍リーダーや、アンドロイドタブレットのBOOXシリーズ等があったものの、限られた用途に特化したマシンであった。

なんでもこなせる多彩多芸なヨガブックC930

しかし、このヨガブックC930は、液晶&電子ペーパーのダブルディスプレイを搭載したWindows PCなので、ネットに動画に文書作成…なんでもこなせる。加えてLTEにも対応しており、Always Connected PCを体現した究極のモバイルサブノートPCに仕上がっている。目に優しい電子ペーパー端末は、これまでも注目はされてきたものの、表示速度の遅さから、動画鑑賞等には向いていない。そのため電子書籍リーダーとしてしか普及していなかったが、この新型ヨガブックは、ダブルディスプレイによって、これらの問題点を克服した。

ソニーのデジタルペーパー等が駆逐されるかも?

手書き電子ペーパー端末として渋く人気を集めていた、ソニーのデジタルペーパーやBOOX NOTE等のガジェットは、今後かなり苦しくなると予想される。電子ペーパー端末の弱点を完全に克服し、かつ基本性能もはるかに上のC930。ガジェット好きで、これから電子ペーパー端末を検討しているなら、現在のところ一択になる。

1台目のPCとしては、お勧めできない新型ヨガブック

ただし、同機一択と言うのは、既にメインPCをもっていて、趣味の一台として選追加するなら…という前提での話だ。1台目のメインPCとして購入するのは、絶対にやめて欲しい。C930は、楽しいモバイルガジェットとしてお勧めしているだけであって、効率性が求められるビジネスシーンや、3Dゲーム等を楽しむには、性能が不足しているし、画面サイズも小さすぎる。そして物理キーボードも搭載していない。

ガジェットギークの「おもちゃ」としては最高の一台

要するにC930は、サブマシンとして楽しむための一台である。ただし価格的には、999$からとアナウンスされている。これは正直、もっと高性能なメインPCを購入できる価格帯だ。前モデルのヨガブックと同じぐらいの値段なら、私も飛びついていたに違いないが、この価格なので、欲しいのは山々だが、すこし様子を見てみたい。

ちなみに、日本での発売日や価格は現在のところは未発表。少しでも早く、少しでも安くリリースされることを望みたい。日本発売の折には、まずは、お店で実機を触って使い心地を確かめたいと感じている。