office365solo

5台まで同時起動!インストール台数は無制限に

マイクロソフトよりうれしいメールが届いた。201810月2日より、オフィス365ソロの契約内容が変更され、これまで2台のPCやタブレットでしか同時起動できなかったオフィスが、5台まで同時に起動できるようになると言う。

またインストール台数も無制限になった。デスクトップPC、ノートPC、2in1、タブレット、スマホ… つまり、自身が所有する全てのデバイスにオフィス導入できると言うことだ。

SwayWhiteboard等、オフィス系の新作アプリも続々投入

ワンノートfor Windows10やホワイトボード、Sway 等、近年、マイクロソフトは、無料で利用できるアプリを続々とリリースしている。ワンノート等、以前は有償だったアプリを無料で提供してくれるのは、個人的にはありがたい。

ただし、これら無償のアプリには、一つだけ制約がある。それは、自分のPCストレージには保存できないという点。これらのアプリで作成したファイルは全てマイクロソフトのストレージに保存される。そのためUSBメモリにこれらのファイルをコピーして持ち運ぶ等のことはできない。

しかし、オフィス365ユーザーなら安心だ。1TBのワンドライブがセットになっているので、クラウドの容量不足に悩むことは一切ない。

マイクロソフトは、ソフトを売る会社から、ソリューションを提供する企業へ

パソコンにスマホにタブレット…一人で複数台のデバイスを持つ時代。またクラウドストレージの普及でシームレスな作業環境が当たり前になった。

マイクロソフトは、既に、ソフトを販売する会社からソリューションを提供する企業に変貌遂げている。

ネット上では、「オフィス2016と契約型のオフィス365どちらがお得か」などの比較記事も多く見られるが、料金比較の部分だけに注目するのはよくない。改めて言うまでもないが、オフィス365は、単なるオフィス2016のサブスクリプション版ではない。「ワード」「エクセル」「パワーポイント」等のオフィスアプリに加え、1TBのクラウドストレージやスカイプの無料通話等を含めた、トータルクラウドサービスである。これらの違いもしっかり把握した上で、検討するのがよいだろう…。