ウィンドウズ10になり、マイクロソフトは、手書き機能のサポートに力を入れています。ワード、パワーポイント等のオフィスソフトも、インク機能の追加等、手書き機能が充実しました。最近では、ホワイトボード等、手書き(インク)用途メインのアプリ開発にも力を入れています。今回は、ウィンドウズ10 Anniversary Update で搭載されたWindows ink ワークスペースについて紹介します。

タスクバー右下のアイコンから起動

Windows ink ワークスペースは、ウィンドウズ10標準機能なので、追加インストールする必要はありません。タスクバーに表示されるペンのアイコンをクリックするだけでメニュー画面が、画面右側に立ち上がります。

もし、デスクトップパソコン等で、ペンのアイコンが表示されていない方は、画面下のタスクバーを右クリックすると、「Windows ink ワークスペースボタンを表示(W)」という案内が表示されるので、そこをチェックするとボタンが追加されます。

「付箋」「スケッチパッド」「画面スケッチ」3つのアプリが基本

ワークスペースの画面を立ち上げると、「付箋」「スケッチパッド」「画面スケッチ」の3つのアプリの他、「最近使用したもの(アプリ)」、「おすすめ」等のメニュー画面が表示されます。

「最近使用したもの」「おすすめ」に表示されるのは、ペン入力に対応したアプリのみです。「おすすめ」に表示されたアプリをクリックすると、マイクロソフトストアからダウンロードすることが出来ます。

ちょっとしたメモに便利な「付箋」(スティッキーノート)

ちょっとしたメモをデスクトップ画面に残したい時、便利なアプリです。今回のバージョンは、キーボード入力・ペン入力の両方に対応しています。

付箋に直接、ペンでイラスト等を描くことも、ペンで描いた文字をテキスト変換することもできます。また、コルタナと連携することによって、リマインダーを設定することもできます。

「スケッチパッド」でイラスト作成

スケッチパッドは、ペンやマウスを使って、イラスト等を描くことができます。ボールペン、鉛筆、蛍光ペンや定規等のツールを使って、楽しくお絵かきしましょう。

イラストレーター等、本格的なペイント・ドローアプリと比べると機能は劣りますが、簡単なお絵かき程度なら、このアプリで十分楽しめます。

「画面スケッチ」で、キャプチャーした画面に自由に書き込み

今、ディスプレイに表示されている画面をすばやくキャプチャーし、その画面上にペンやマウスを使って、書き込むことができます。強調部分に線を引いたり、囲ってみたり、矢印を入れたり、自由自在に描くことができます。

ブログにパソコン画面をキャプチャーして張り付ける…等、便利に使うことができます。

私の活用法…「アイデア出し」と「落書き」

私の場合ですが、インク機能は、上記3つのアプリ以外にも、ワード、ワンノート、パワーポイント等、様々なアプリでサポートされており、個人的に使う機会が増えています。しかし、使用するシーンは、限定されています。

<インク機能を使うシーン>

・個人的にアイデアを考える時…(アイデアスケッチ)

・個人的に落書きを楽しみたい時…

上記の様に、パーソナルユースでしか使用しておらず、ビジネスユースの文書に、インク機能で手書き装飾を加えたことは、一度もありません。ビジネス文書において強調したい部分等がある時は、手書きではなく、図形描画等のツールを使って作成しています。その方が美しく締まった仕上がりになるからです。

【まとめ】インク機能は「書くツール」ではなく「考えるツール」

「手書きは、脳の働きを活性化させる」と言われています。そのため、例えば、頭に浮かんだぼんやりしたアイデアの断片イメージを描き起こす等…アイデアを創造するプロセスにおいて、インク機能は大活躍してくれます。

みなさんも、インク機能を、「書くツール」としてではなく「考えるツール」として、活用してみてはいかがでしょうか…