今回は、先日正式リリースされたマイクロソフトのWhiteboadというアプリを紹介したい。名前の通り、実際のホワイトボードをデジタルアプリ化したものだ。

バーチャル&デジタル化したホワイトボード

使い方は、実際のホワイトボードとほぼ同じ。画面上のホワイトボードに、ペンで文字を書いたり、付箋メモや写真を張り付けたりして使うことができる。もちろん、アプリなので実物のマーカーや白板消しの必要はないし、マーカーの粉を後から雑巾で拭きとる等の手間もいらない。

デジタル故に、実際のホワイトボードよりも機能が多彩。

デジタルアプリならではの便利機能も満載だ。例えば…①手書き図形や表を美しくオートシェイプ。②文字やイラストの切り取りや移動。③ネットで検索した写真やイラスト等を即時挿入。④付箋の色や大きさも自由自在に替えられる…等。この様に、実際のホワイトボードでは不可能な、数多くの機能を簡単に使うことができる。

遠くのメンバーとリアルタイム共同編集も可能

ファイルは、マイクロソフト内のクラウドに自動保存されるので。遠隔地にいるメンバーとリアルタイム共同編集可能だ。この機能とスカイプ等を組み合わせれば、会議室等に集まらなくても、わいわい楽しくブレストする、KJ法を使って、付箋メモを全員で整理・分類しながら、アイデアを議論するなんてこともできる。

【まとめ】ブレストやKJ法の際に便利なツール

ホワイトボード本来の使い勝手に加え、デジタルならではの機能も追加されているので使い勝手もよく、正にアイデアを生み出し整理するのに便利なアプリと言えるだろう。個人的には、特にブレストやKJ法を行う際に便利なツールだと感じている。

Windowsストアから無料で入手できるので、皆さんも一度使ってみてはいかがだろう。