噂の廉価版サーフェスがついに正式発表

マイクロソフトは、10インチのWindowsタブレット「Surface Go」を発表した。価格は399ドル(約44000円)で、ライバルのiPad(2018)MediaPad M5 pro に真っ向勝負を挑んできた感がある。

気になるスペックは…

CPUはアトムではなく、Pentium Gold Processer 4415Yを搭載。画面サイズは10インチ(1800×1200)で、4096段階の圧力検知をサポートし、低遅延でより正確にペンで手書きできるPixelSenseディスプレイを採用している。

バッテリー駆動時間は9時間。メモリーストレージは2モデルあり、399ドルモデルは、4GBRAM64GBeMMc)。549ドルモデルは8GBRAM128GBSSD)。

Office365をプリンストール

今回はOffice 2016ではなく365をプリンストール。気になるのは、サブスクリプションの有効期間。私の予想では、半年か1年のどちらかと思うが、1年だったら、それだけで100ドルの価値がある。

個人的には、すごく興味をそそられるが…

つい先日、我が家ではMediaPad M5 Proを息子用に購入したばかり、立て続けに父ちゃんがSurface Goを購入するとなると… 嫁さんの反応が恐ろしい。