スマホカメラの高性能化に伴い

縮小が進むコンデジ業界において、
何とか頑張って気を吐いているのは、

1.防水タフネスコンデジ

2.1インチセンサーコンデジ

この2つのカテゴリーだ。


防水タフネスコンデジでは、

オリンパスのTG-5が好調なのだが、


センサーサイズが1/2.3なのに、

少し不満を持つ方もいるという。


1インチセンサーで、

「防水タフネスコンデジを!」


そんな一部のカメラファンの要望に

応えて登場したのが、ソニーRX10だ。


本機は、

1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RS™

有効約1530万画素メモリー一体型と、


ZEISS® Tessar T* 24mm広角レンズを搭載。

水深10mの防水性能や

2.0mの落下耐性

200kgf耐荷重の堅牢性を備えているという。


更に960FPSのスーパースローモーション撮影も可能と


水中撮影やアクション撮影を

美しい画質で撮影したい


そんなカメラファンの要求に応える一台になりそうだ。


ただし、万人受けしない1台であるのも事実。


単焦点レンズなので

ズーム撮影ができないし、

チルトやバリアングル液晶でないので、

自撮りもやりにくい。


それでも、間違いなく

このカメラの登場を望んでいた人もいる。


そんなマニア向けの本機だが、

まずは、そんなニッチな要求に応えてくれた

ソニーに拍手を送りたい。