前回、スマホとパソコンがあれば、

タブレットは不必要と申し上げました。

 

実際、タブレットを購入した後も、その意見は変わりません。

 

しかし、それはあくまで…

「必要」か「不必要」かという視点から見た時の話。

 

世の中には、絶対必要ではないですが…

あったら便利なもの、楽しいものはたくさんあります。

 

例えば…

ニンテンドー3DS等のゲーム機。

人間が生活する上で、絶対必要なモノとはいえません。

しかし、生活も楽しく愉快にしてくれるモノの一つであります。

 

タブレットも同様です。

無くても生きていけますし、仕事面で困ることはありません。


しかし、タブレットがあれば…

 ごろんとしながら…

快適にネットやゲームができる…

そんな楽しさがあったりします。

 

ネットサーフィンなら…

スマホやパソコンで十分にできるじゃないか

という意見もあります。
勿論、その通りです。

 

しかし、布団の中に入って横になりながら…

快適な大きさの画面でネットサーフィンを楽しむとなると…

タブレットが最適だと思います。

 

だから、その快適さ楽しさに、お金を払ってもよい

そんな人は、タブレットを購入すればよいのです。

 

私は、生活をより楽しくするために、タブレットを購入したのです。

 

それではなぜ…

スマホやパソコンがあれば… 等という話に、よくなるのでしょうか?

 

それは…

スマホやパソコンは、今や…

生きていく上で必要不可欠なモノとなりつつあるからです

 

勿論、これらが無くても…

物理的には生きていくことはできます。

しかし、現代社会を生きる職業人としては…

様々な業務行う上で、必要なものとなりました。

 

要するに、パソコンや携帯電話が、

嗜好品から必需品になったのです。