スマホ・タブレットの使い方・活用マニュアル

スマートフォンやタブレット、デジカメ等、様々なガジェットの操作や活用方法、アプリやアクセサリーの紹介をしています。

新型Kindle Paperwhite 2018)モデル3つの魅力

スライド5

本を読むなら「紙の本がよいか、電子書籍がよいか」

巷では、これまで多くの議論がなされてきた。私的にも、一長一短があり、個人的な結論は出ていなかった。しかし、今回初めてKindle Paperwhiteを使ってみて、これからは電子書籍を中心にすると確信をもった。今回はそんなKindle端末の魅力を紹介したい。

魅力1「目に優しい」

私は、これまで電子書籍を読む際には、パソコン、スマホ、タブレット等の端末を利用してきた。これらのディスプレイは、目の負担が大きい。だから長時間読書に没頭したい時には、紙の本の方が良いと感じていた。しかし、キンドルを導入してその考えが変わった。E-inkディスプレイは、液晶ディスプレイと比べ、断然目に優しい。紙の本と比べても遜色がないレベルだ。

魅力2「フォントサイズが変えられる」

紙の本とは違い、キンドル本は、自由にフォントサイズを変えられるのが、大きな魅力だ。最近、年のせいで視力が衰え、小さな文字が読みにくくなった。紙の本は、印刷されているので、文字のサイズを変えることはできない。しかしキンドル本なら、自由に文字の大きさを変えられるので、読みやすい文字サイズに変更できるのが大きい。これは私にとって大きなメリットである。

魅力3「軽くて扱いやすい」

今回、購入したキンドル・ペーパーホワイトは、重さが182gしかない。これはスマホと同等の重さである。紙の本とは単純に比較することはできないが、少年漫画の単行本1冊程度の重さだ。ハードカバーの小説やビジネス書等と比べると断然軽いのがありがたい。

また、紙の本は、ページをめくる動作があるため、どうしても両手を使うことになるが、キンドルは、画面タッチでページめくりができるので、片手で扱えるところもGOODだ。
スライド3

正に読書のために特化した端末

カラー表示ができない等、キンドル・ペーパーホワイトにも、弱点は存在する。写真やカラー図解の多い本は、キンドルでは楽しめない。しかしその様な電子書籍は、PCやタブレットで読めばよいだけのことである。文字主体の電子書籍を読むには、最強の端末と言ってよいだろう。

「目に優しく、文字サイズも変えられ、軽くて片手で扱える」

これこそキンドル端末の絶対的な強みであり、スマホやタブレットでは代替できない魅力である。さらに新型キンドル・ペーパーホワイトはIPX8相当の防水機能でお風呂の中での読書にも対応してくれるのもありがたい。

電子書籍を読むのなら、絶対にもっておいて損はなし!

電子書籍は読まないと言うなら、キンドルは不必要な端末である。しかし、電子書籍を楽しみたいのなら、絶対購入しておいて損はないと断言できる。スマホやタブレットで読むのとは、目の疲れが全然違うからだ。最近視力が衰え始めた私にとって、目に優しいという事がどれほどのアドバンテージになるか、キンドルを使ってみて改めて実感した。

スライド8

読書習慣を取り戻したい中高年にお勧めしたい

以上のことから、キンドル・ペーパーホワイトをお勧めしたいのは、ズバリ中高年である。小さい文字が読みづらくなってきたので、読書の回数が減ってきた。そんな人にこそ是非お勧めしたい。目に優しく、文字の大きさを変えられるキンドル端末なら、また楽しい読書習慣を取り戻せるに違いないだろう…。

61pw1-at-iL._SL1000_

サイバーマンデー開催中と言うこともあり、アマゾンに頻繁にアクセスしている。

自分が欲しい商品カテゴリーの中で、超お買い得商品を物色しているが、メーカー製の新商品等は、特に安くなっている訳ではない。

アマゾンデバイスなら新製品でも「お買い得価格に!」

しかし、アマゾンデバイスなら新製品でも安くなっている。

例えば、10月に発売されたKindle Paperwhiteの新型モデルが9980円になっているし、これから発売されるEcho Show(エコーショー)も割引価格で販売している。もちろんその他のアマゾンデバイスも軒並み安くなっている。

アマゾンデバイス買うなら「セール」の時に

そんな訳で…今回、新型キンドル・ペーパーホワイトを購入した。手元にまだ届いていないので、詳しいレビューは次回に譲るが、防水仕様になっているのがありがたい。やはり、アマゾンデバイスを買うなら、セール時が絶対お得と断言できる。

アマゾンデバイスは利益度外視で販売できる

アマゾン側としても、ハードで利益を取る必要を感じていないだろう…キンドルストアで電子書籍を購入する等、アマゾンの各種サービスを利用してもらえればよいのだから。まあ、携帯キャリアのスマホ安売りと同じビジネスモデルといったところだ。やはり…

「綺麗なバラには棘がある」

「安いモノには訳がある」

と言ったところか…買い物をすると時には、安い理由を理解し、その上で判断する必要がある。私の場合、これからの読書は電子書籍主体に切り替えようと考えていたので、ペーパーホワイトのセールは有難かった。

キンドルペーパーホワイト(新型モデル)

サイバー3

皆さんもご存じの様に、アマゾンの「サイバーマンデー」(12718001211日1:59まで)が始まった。アマゾンのセールの中でも、「アマゾンプライム」と並ぶビックセールだけに、注目している方も多いだろう。今回は、このプライムデーに合わせアマゾン限定モデルとして発売されたファーウェイのタブレット「MediaPad M5 10」を紹介したい。

MediaPad M5 Proの使い心地には満足している

私は、今年の夏にMediaPad M5 Proを購入した。さすがファーウェイのフラッグシップタブレットと言うこともあり、これまでのところ満足して使っている。2K解像度のディスプレイに、高性能なkirin960を搭載していることもあり、エントリークラスのタブレットPCと比べて使い心地の快適さが違う。特に素晴らしいと感じたのは、スピーカーの音質だ。harman kardonがチューニングしたスピーカーを4つ搭載していることもあり、私がそれまで使っていたXperia Z3 Tabletなどよりも迫力がある。今でも、音楽や動画を楽しむなら最強クラスのタブレットだと思う。
サイバーマンデー4

MediaPad M5 10は、M5 Proに準じたスペック性能

アマゾン限定モデルの「M5 10」は、前日の「M5 Pro」とは若干の違いがある。スペック表を見る限りでは、ストレージ容量、CPUのクロックスピード、スタイラスペンの有無である。これら3つの点ではM5 Proが優れているが、それ以外の面では同じの様だ。もう一つあえて違いを付け加えるなら、カラーリングが異なる点ぐらいだろう。要するに、「M5 10」は、フラッグシップタブレットである「M5 Pro」には多少劣る部分もあるが、ほぼ同等の基本性能を持つと言ってよいだろう…

気になるの「お値段」は…

私が気になっているのは、「M5 10」のお値段。アマゾン限定でサイバーマンデーに合わせて発売されると聞いていたので、かなり期待している部分があった。「M5 Pro」の現在の実勢価格が、52000円程度だが、「M5 10」は、サイバーマンデー特価で29800円~35000円ぐらいで売り出されるだろうと期待していた。

サイバーマンデー5

あれ? 現在の価格は48380円?

ところが…サイバーマンデーが既に始まっているにも関わらず、現在の価格は48380円。全く安くなっていない。この価格であれば、あと3000円程度追加してProを買った方が断然よいと思う。サイバーマンデーのどこかのタイミングで、タイムセール特価が始まればよいが、現在の価格では、記事として紹介しても何のインパクトもない。

よって、今回の記事は一旦終了… 逆の意味でビックリさせられる価格だった。

プレゼンテーション1

時代のニーズが生み出した「革新的デジタルカメラ」

写真・動画の愛好者にとって、プロの様な滑らかな動画を撮影したい。そんなニーズに応える様に、スマホに装着できる小型ジンバル等がひそかに人気を集めていたが、今回ついに、究極の製品が発表された。それが今回紹介する「Osmo Pocket」(オズモポケット)だ。

ジンバルとカメラが一体となった超コンパクトボディ

ドローンやジンバルで有名なDJI社が発表した「Osmo Pocket」は、ジンバルとカメラが合体した超小型デジタルカメラである。そのサイズは、28.6(幅)×36.9(奥行)×121.9(高さ)mmで、重量は約116gと、すっぽり手のひらに収まる程である。

小型だからこそ誰でも・いつでも気軽に撮影できる

同製品の魅力は、そのコンパクトさに集約できる。なめらかな動きのある動画を撮るには、以前なら、大型カメラにスタビライザーといった重装備が必要だった。プロカメラマンならそれも理解できるが、私の様な素人には、重量的・経済的・そして何より精神的に荷が重い。その様な恰好で、息子が遊園地ではしゃぐ動画を撮影するなど、恥ずかしくて出来る訳がない。

しかし、このOsmo Pocketは、これら私の悩みを一掃してくれる画期的な製品である。

・気軽に持ち運べるコンパクトボディ(重量面)

・税込み44,900円というお手頃(経済面)

・一目を気にする必要なく撮影可能(精神面)

まさに、私のニーズにぴったりマッチする。初詣の様子をこのカメラで撮影したい…昭和の面影を残す商店街を散歩しながら撮影したい…そんな具体的なイメージがどんどん膨れ上がってくる。

スマホでは実現できない様々な映像表現が可能

小型でリーズナブルなOsmo Pocketであるが、そのポテンシャルは侮れない。ジンバルの効果で映画の様な滑らかな動画が撮れるのはもちろん、自動制御で3×3の合計9枚の写真を撮影してつなぎ合わせる「3×3パノラマ」、被写体をタップするだけで画面中央にトラッキングする「アクティブトラック」、人の顔だけをトラッキングする「フェイストラック」、「タイムラプス/モーションラプス」、23秒の長時間露光撮影に対応する「ナイトショット」、「セルフィー」など多彩な機能が満載だ。この様にスマホでは難しい様々な映像表現が簡単に実現できるのがうれしい。

日本のカメラメーカーよ、もっと頑張ってくれ

個人的には、是非手にいれたい魅力的な製品であることに間違いはない。

しかし残念に思うことが一つある。それは、この製品を発表したのが、中国の企業と言うことだ。このような革新的な製品こそ、本来なら日本企業が世界に先駆けて発表すべき製品ではないだろうか。そもそもカメラの分野は、日本のお家芸ではなかったのか…

「日本の製造業よ、かつての輝きを取り戻してくれ!」



yongnuo-yn450-768x512

一眼カメラでもスマホの色々なアプリが使えたらうれしいのに…

こんな想像をしたことがあるデジカメファンは大勢いるだろう。そんな一眼カメラがまもなく登場するかもしれない。それが中国のレンズメーカー、ヨンヌオ(Yongnuo)のミラーレス一眼カメラ「YN450」(仮称)である。

EFマウントレンズにマイクロフォーサーズのボディ!?

YN450に関しての情報は、まだ少なくヨンヌオの日本語公式サイト等を調べても、詳しい紹介はない。まだまだ謎に包まれた存在ではあるが、現在の情報をまとめると…

 

・アンドロイド7.1搭載

・キャノンEFマウントレンズが使える

・マイクロフォーサーズセンサーを搭載

・ミラーレス一眼ガメラ

・スマートファンとしても使える

・クアルコムのSOC搭載

 

Yongnuo_camera

なんとなくチグハグなイメージが拭えない

個人的な感想は、期待と不安が交錯している。正直、キャノンのEFレンズは、マイクロフォーサーズの規格ではない。ひょっとしたら、ヨンヌオはYN450向けにEFマウントの専用レンズもリリースするのかもしれないが、なんとなく今のままでは、チグハグなイメージが拭えない。

新しいチャレンジには、盛大な拍手を!

しかしながら、新しいチャレンジを試みたヨンヌオの姿勢には、大いに共感できる。一眼デジカメとスマホが融合した製品はこれまで存在しなかった。挑戦者としてこの様な製品を世に生み出したヨンヌオには素直に拍手を送りたい。

現在のところ、光学カメラとしての性能は未知数で、どんな写真が撮れるのかもわからない。だから多くの人々にとって、不安もあるだろう。

しかし、デジカメが登場した当時のことを思い出してほしい。発売当初のデジカメは35万画素程度で、写真の画質としては、とてもフィルムカメラにかなうものではなかった。だからデジカメはブログに掲載する写真程度ならよいが、本格的なフィルムカメラの代わりにはならないと言う人も大勢いた。しかし、その後の急速な進歩によって、今では、デジカメがフィルムカメラに完全に取って代わったではないか…

イノベーティブな製品は、一般人に期待と不安の両方を与える

もしかしたら、このヨンヌオYN450は、「一眼スマホ」というカテゴリーを生み出す始祖鳥的存在なのかもしれない。個人的には大いに注目していきたいと思う。

↑このページのトップヘ