スマホ・タブレットの使い方・活用マニュアル

スマートフォンやタブレット、デジカメ等、様々なガジェットの操作や活用方法、アプリやアクセサリーの紹介をしています。

Archer-AX50_04_large_1568249649669j

これまでのネット環境にイライラ…

・動画視聴中に途中で止まってしまう…

・ゲーム中にネットワークが切断される…

最近、そんなイライラが増えてきた。はっきりした理由を断定だきないが、おそらくWi-Fi接続機器が増えてきたせいだ。4台のスマホ、PC、タブレット、Switch等のゲーム機…家族それぞれが、Wi-Fi経由でネット接続して同時に楽しんでいるのが我が家の現状。

正直、これまで使ってきたWi-Fiルーターの性能では、限界に近づきつつあった。そこで今回、新世代のWiFi6対応のルーターと受信機を導入してみた。導入した機種は、TP-Link社の無線ルーターArcher AX50と無線LAN子機のArcher3000Eである。
wifi6

導入した素直な感想は…

まだ導入して3日だが、個人的な満足度は非常に高い。その理由は、

  1. 通信が安定し途中切断が無くなった。
  2. アップロードの速度が3倍程度速くなった。
以上、安定性と速度が明らかに向上したからだ。正直、個人的には今年購入したガジェットの中では、一番満足度が高い。ネット途中切断のイライラから解放され、「不快」な気持ちを取り除いてくれたからだ。

さあ、ライブ配信を楽しもう!

ようやくこれで、私もこころおきなくライブ配信を始められる。YouTube LiveZoomミーティング…やりたいことにどんどんチャレンジするぞ!

61vadscY8BL._SL1000_
細々ながらYouTubeで動画投稿を続けて来た私だが、最近はライブ配信に興味がある。ライブ配信を通じてリアルタイムでフレンドや視聴者とコミュニケーションを取りたいというのが一番の理由だ。

しかし…回線速度がボトルネックに!

そんな訳でOBSを使ってYouTube Liveで配信を試みたものの、どうも上手くいかない。ライブ配信そのものは問題なく行えるのだが、遅延がひどいのだ。正直なところ、現在の環境では30秒の遅延が発生している。ただ、ゲームプレイを見てもらうだけなら、これでも問題ない。しかし視聴者とのコミュニケーションを取るには30秒の遅延は致命的だ。

原因はネットの回線スピード!

私の場合、遅延の原因ははっきりしている。ずばりネット回線の速度。ネットのアップロードのスピードが遅すぎるため、多くのバッファが必要となり、大きな遅延が発生している。ちなみに現在の環境だと、アップロードはせいぜい5Mbpsがいいところだ。ネットが有線ではなくWiFi接続なのが、理由なのはわかるが、部屋の間取りの関係もあり、有線ケーブルで接続するのは難しい。
61fTzkBGNPL._SL1000_

頼みの綱は「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)

なんとか、すこしでもネットの回線速度をあげたい。そこで今回、私が注目したのが、この秋登場した第6世代のWi-Fi規格、正式名称IEEE 802.11axことWi-Fi 6である。

Wi-Fi 6」は、前世代の「Wi-Fi 5」(IEEE 802.11ac)と比べると4~10倍も情報処理速度が速くなるとのこと。実際、他の配信者の11axルーター導入の動画等をみていると、4~10倍も通信速度が上がっている訳ではないが、11acと比べると1.5倍ぐらいに速度がアップしている。
61ET3GpW8YL._SL1000_

アマゾンで11ax対応ルーターと子機をポチった!

ネットの通信速度を上げなければ、私の願いである「インタラクティブなライブ配信」は不可能。そんな気持ちを抑えることができず、本日11axのルーターと子機をアマゾンで購入してしまった。
商品の到着は明日。さてどれぐらい速くなるか…楽しみにしながら今夜は床に入ろう…

【私が本日購入した機材】

AX3000 デュアルバンド Wi-Fi 6ルーター

AX3000 Wi-Fi 6 Bluetooth 5.0 PCIe アダプター


PC110445

スマホゲームを大型モニターで楽しみたい
最近、PUBG等の3Dゲームをスマホで楽しむ人が急増している。しかし個人的には、これらのゲームをスマホで楽しむのに乗り気ではなかった。

その理由は、主に2つ
1:スマホの小さな画面では、迫力がたりない

2:スマホの画面をタッチして操作するのが難しい

そんな訳で私は、これらのゲームは、PC版で遊んできた。しかしフレンドはスマホゲーマーが多数派。PC版とモバイル版が一緒に遊べれば問題なしだが、残念ながらそれはできない。

そこで考えたのが、私の方が、スマホをPCモニターに接続し、Bluetoothゲーミングパッドでプレイしようと考えた。

ケーブル一本で簡単に接続‼

そこで私は、USB-type CHDMIケーブルを購入し、ブラックシャーク2とPCモニターを接続してみた。接続は恐ろしく簡単!スマホとモニターをケーブルでつなぐだけで、全てが完了。特にスマホ側の設定変更等もなしであっさりつながったので少々拍子抜けするほどだった。

あとは無線接続のゲームパッドを接続するだけ!

残りはBluetoothのゲームパッドとスマホを無線接続すれば、理想のゲーム環境が手に入れられると考えているのだが、現在この部分で思案中だ。正直、アマゾン等で色々とスマホ対応のゲームパッドを探しているのだが、あまりに商品の数が多くてどれを選べば良いのか分からない。

私のブラックシャーク2には、専用の純正ゲームコントローラーもあるが、FPS等のゲームには向かないという噂もあり躊躇している。

読者の皆さんの中で、オススメのスマホ用ゲームパッドがあれば是非、教えて下さい!お願いします!

ブラックシャーク2純正HDMIケーブル



Cドライブ1

パソコンを買い替えた当時は、ストレージに余裕ありと感じていても、1年2年と使う内に空き容量が少なくなって焦った経験はありませんか?ストレージの中でも特にCドライブは、OSが保存されるシステムドライブなので、空き容量が不足してくると、OSのアップデートがスムーズに出来なくなる等、何かと面倒なことが発生します。

そこで今回はCドライブの容量を手っ取り早く増やす方法として、「One Driveの保管場所をCドライブからDドライブに移す方法を試してみました。

【具体的な方法は以下のとおり】

1.タスクバーまたはメニューバーで、クラウドの OneDrive アイコンを選びます。

2.[...] を選びます。[その他] を選んでから、[設定] を選びます。

3.[アカウント] タブで、[この PC のリンクを解除] を選択します。 [ OneDrive セットアップ] 画面が表示されますが、ここでは無視します。

4.次に、 OneDrive フォルダーを移動します。 エクスプローラー を使用して、OneDrive フォルダーを希望の場所にドラッグします。

5.[ OneDrive の設定] 画面に戻り、[はじめに] を選択し、画面が表示されるまで指示に従って、 OneDrive フォルダーの場所を変更します。 [変更] を選択し、新しいフォルダーの場所を選択して、[ OK]を選択します。

6.新しい場所の OneDrive フォルダーに既にファイルが保存されていることを知らせるメッセージが表示されます。 [この場所を使用する] を選択し、 OneDriveのセットアップを完了します。

Cドライブの空き容量が100G増えた!

上記の容量で、OneDriveのフォルダーをCドライブからDドライブに移転させたところ、無事Cドライブの空き容量を100Gバイト程増やすことができて一安心している。

Cドライブ2

ノートPC等、一つのストレージしか無い場合は注意!

ただし、この方法はストレージの全体容量を増やしている訳ではないので、注意が必要です。私の場合は、Cドライブに500GSSDDドライブに2TBHDDと2つのストレージを積んでいるので、DドライブにOneDriveのフォルダーを移すことによって、Cドライブの空き容量が増えただけのことです。ノートPC等で一つのストレージしか積んでいない場合はこの方法は無意味です。この様なケースの場合は、より大容量のSSD等を増設するか、換装し直すことをお勧めします。

最近のノートPCの場合、256G程度のSSDを積んでいるものが多いですが、正直この程度では、アプリ等をインストールしていると、あっと言う間に、ストレージが足らなくなるでしょう。今なら1TBSSDでも1万円前後で買えますので、使っていないアプリをアンインストールしたりして、空き容量を増やすより、素直に増設・換装しちゃいましょう!

ちなみに私もゲーム用にもう一台、SSDを増設しようかと考えています!


スライド1
電子ノートで「すっきり」したい

2019年も残すところ、あとひと月あまり、そろそろ来年の手帳を新調しようと考えている方も多いのではないだろうか…

私の場合、これまではコクヨのキャンパスノートダイアリーと方眼ノートをノートカバーで一つにまとめて、手帳として使用してきた。

しかし、そろそろペーパーレス化を計りたい。ペーパーレスのメリットについては色々あるが、個人的な動機は、「すっきり」したいのだ

キンドル導入により、本の置き場所の心配がなくなった様に…電子ノート導入により、使用済みノートの保管場所の心配を無くしたい。

電子ノートなら、それ一冊で紙のノート数百冊分の容量があるし、PCやクラウドにバックアップすることも簡単にできる。もちろん、紙のノートや手帳も電子化できるが、正直、スキャナー作業が面倒くさい。

そんな訳で、「電子ノート」を導入することに決めた。今まで、スケジュール帳、仕事打ち合わせ用、アイデアノート…等、複数のノートを使い分けていたが、これからは、一冊の電子ノートに集約するのだ。

どの電子ノートを選ぶべきか?

電子ノートと言う以上、まずは「手書き」入力が基本。キーボード入力のものは、いくら小型で持ち運びやすくても、「電子ノート」ではなく「ノートパソコン」である。私は、思いついたアイデアをさっと手書きできる端末が欲しいのだ。

次に重要視したのが「目に優しいこと」。そんな訳で私が選んだのは、電子ペーパーディスプレイ。昨年、電子書籍リーダーとしてキンドルペーパーホワイトを導入して、本当に実感しているのだが、電子ペーパーディスプレイは、本当に「目に優しい」。PC・スマホで電子書籍を読むのと比べると、目の疲れ方が全然違う。

ひと言で表すと「手書きできる電子ペーパーを採用した」電子ノートと言うことになる。

そこで今回、導入候補として検討したのは、

・シャープ「WG-PN1

・富士通「クアデルノ(A5)」

以上の2機種、どちらも手書き可能な電子ペーパーを採用したモデルである。

仕様・スペックの比較スライド2

仕様・スペックは上記の通り。どちらも電子ペーパーにスタイラスペンで書く電子ノートであり、PCとも簡単に連携・接続できることは共通している。大きな違いは、画面サイズ。WG-PN1が6インチに対してクアデルノは10.3インチ(13.3型のもある)である。どちらのサイズを選ぶかは、個人の好みと言ったところだが、スケジュール手帳としての用途がメインなら、6インチで十分だろうし、アイデアノートとして使いたいなら、図表等もメモできる10.3インチが良いだろう。

ヨドバシカメラで両者を試用してみた…

しかし、スペック表だけの比較では、実際の書き心地等、わからない部分があるのも事実。そこで私は、ヨドバシカメラ梅田にて両者を試用して確かめてきた。

スタイラスペンの書き心地については、WG-PN1は、ツルッとした感触でほとんど抵抗がないのに対し、クアデルノの方は、サラッとした抵抗を少し感じた。紙のノートにシャーペンを使って書いた時の感触に少し似ている感じだ。

ページめくり等の反応速度に関しては、電子ペーパー端末なので、スマホの様にキビキビしている訳ではないが、個人的には両者とも及第点。紙のノートをページめくりした時も1秒程度はかかるのだから、何の問題もない。

ペンで書いた時の描画遅延に関しては、WG-PN1に関しては若干気になるものの、許せる範囲のものだった。対してクアデルノの方は、体感的にはほとんど遅延を感じなかった。

比較・検討の結果、「クアデルノ」を購入!

カタログスペックを比較し、実際にヨドバシカメラで両者を比較した結果、画面サイズが大きく、紙のノートに近い書き心地が気に入ったので、「クアデルノ」を購入した。まずはスケジュール・打ち合わせ・アイデア出し…これまで複数のノートを使い分けていたが、この「クアデルノ」一冊に集約したいと考えている…。

<2020/2/5:追記>
失敗しない電子ノートの選び方

↑このページのトップヘ