スマホ・タブレットの使い方・活用マニュアル

スマートフォンやタブレット、デジカメ等、様々なガジェットの操作や活用方法、アプリやアクセサリーの紹介をしています。

magazine-897389_1920

スマホ普及でコンビニから雑誌が消え、カードが増える

皆さんも既にお気づきだと思うが、コンビニの雑誌売り場がどんどん縮小されている。これまで、コンビニの雑誌コーナーと言えば、入り口に面したもっとも目立つ場所に設置されていた。しかし、最近は違う。かつての雑誌コーナーがイートインスペースに改装されるお店が増えてきている。

コンビニにとって雑誌はもはやお荷物なのか

雑誌売り場の縮小・配置換の理由は、スバリ売れないからだ。売場面積の限られたコンビニにおいて、売れない商品を大きく扱う余裕はない。売上と利益に直結しない商品は、淘汰されるのが当然の定めだ。

プリペイドカード売場は拡大の一途

それに比べてプリペイドカードの取り扱いは、増える一方。アップル、グーグル、アマゾン、ライン、任天堂、楽天…様々なカードがひしめく様に陳列されている。最近では駅の小さな売店等でも、これらプリペイドカードが売られている。

ネットとスマホがもたらした流通革命

これらの変化は、全てネットとスマホがもたらしたものである。スマホの普及によって、ひとりひとりが、個人の端末を持つ時代になった。それにより、雑誌や書籍は、電子書籍やメンバーサイトに、ゲームやビジネスソフトは、パッケージからダウンロード&サブスクリプションへと流通チャネルを変化させたのだ。正にネットとスマホがもたらした一大流通革命と言ってよいだろう。

ネット購入の利便性は計り知れないが…失うものもある

私たち消費者にとって、雑誌やソフトをネットで購入する利便性は計り知れない。購入するのに、店に行く必要もなく、品切れの心配もない。いつでもどこでもすぐに購入し利用できる。

しかし、その利便性と裏腹に、「出かける楽しみ」と「運動量」を失った。以前は、本やゲームソフトを購入するために、梅田のヨドバシや紀伊国屋書店まで足を運んでいた。そのついでに、外食や映画鑑賞等を楽しんでいた。また運動不足を補う一つの手段でもあった。

それが、今や…
近くのコンビニで、プリペイドカードを買うだけになってしまった。


これからは、運動不足解消と外出の楽しみを取り戻すべく、神社仏閣めぐりでもはじめようと思案している…


 

switchtwitter


任天堂の公式ホームページ、およびツイッターにて、
スイッチオンラインサービスの正式スタートは

9月19日(水)から

 と発表した。詳しい内容については、
「Nintendo Direct 2018.9.14」

にて紹介してくれるとのこと。

ちなみに、我が家では、
年間4500円のファミリープラン
に入会する予定!


office365solo

5台まで同時起動!インストール台数は無制限に

マイクロソフトよりうれしいメールが届いた。201810月2日より、オフィス365ソロの契約内容が変更され、これまで2台のPCやタブレットでしか同時起動できなかったオフィスが、5台まで同時に起動できるようになると言う。

またインストール台数も無制限になった。デスクトップPC、ノートPC、2in1、タブレット、スマホ… つまり、自身が所有する全てのデバイスにオフィス導入できると言うことだ。

SwayWhiteboard等、オフィス系の新作アプリも続々投入

ワンノートfor Windows10やホワイトボード、Sway 等、近年、マイクロソフトは、無料で利用できるアプリを続々とリリースしている。ワンノート等、以前は有償だったアプリを無料で提供してくれるのは、個人的にはありがたい。

ただし、これら無償のアプリには、一つだけ制約がある。それは、自分のPCストレージには保存できないという点。これらのアプリで作成したファイルは全てマイクロソフトのストレージに保存される。そのためUSBメモリにこれらのファイルをコピーして持ち運ぶ等のことはできない。

しかし、オフィス365ユーザーなら安心だ。1TBのワンドライブがセットになっているので、クラウドの容量不足に悩むことは一切ない。

マイクロソフトは、ソフトを売る会社から、ソリューションを提供する企業へ

パソコンにスマホにタブレット…一人で複数台のデバイスを持つ時代。またクラウドストレージの普及でシームレスな作業環境が当たり前になった。

マイクロソフトは、既に、ソフトを販売する会社からソリューションを提供する企業に変貌遂げている。

ネット上では、「オフィス2016と契約型のオフィス365どちらがお得か」などの比較記事も多く見られるが、料金比較の部分だけに注目するのはよくない。改めて言うまでもないが、オフィス365は、単なるオフィス2016のサブスクリプション版ではない。「ワード」「エクセル」「パワーポイント」等のオフィスアプリに加え、1TBのクラウドストレージやスカイプの無料通話等を含めた、トータルクラウドサービスである。これらの違いもしっかり把握した上で、検討するのがよいだろう…。




 



いよいよ正式サービス開始の、スイッチオンラインサービス。今回は、任天堂が発表している内容を改めて紹介したい。

スイッチオンラインサービス5つの内容

スイッチオンラインサービスでは、以下の5つのサービスが提供される。

1.       オンラインプレイ

スプラトゥーン2やマリオカート8等のオンラインプレイは、同サービスの入会が必要となる。任天堂純正のアプリは確実だが、フォートナイト等、サードパーティ製のアプリは、入会しなくてもオンライン対戦可能かもしれない

2.       ファミコンアプリ配信(20種スタート)

SW3

懐かしのファミコン専用ソフト20種類が遊び放題

現在のところ公表されているのは「アイスクライマー」「サッカー」「マリオブラザーズ」「テニス」「スーパーマリオブラザーズ」「ゼルダの伝説」「スーパーマリオブラザーズ3」「ドンキーコング」「バルーンファイト」「ドクターマリオ」の10種。

その他にも10種類が追加され、20種類でスタートと記されているが、今のところタイトル名の発表はなし。個人的には、ニンテンドー以外のサードパーティ製ソフトのラインナップを期待したい。

3.       スマートフォン向けアプリ

スマホ・タブレットに「Nintendo Switch Online」アプリをダウンロードすれば、「スプラトゥーン2」専用のゲーム連動サービス「イカリング2」やフレンドとボイスチャット等が楽しめる「Online ラウンジ」を使うことができる。

正式サービス前は、誰でも無料で楽しめるが、正式サービス開始後は、有料会員以外は機能の大半を制限されるのではないだろうか。

4.       セーブデータお預かり

5.       加入者限定特典

加入者限定特典の内容は、今のところ未定だが、個人的な希望としては、オンラインソフト1本ダウンロード無料等、太っ腹なサービスだったらうれしい。


SW5

料金は以外にリーズナブル

個人プランで1か月:300円、3か月:800円、12か月:2400円。8人までの登録可能なファミリープランは12か月:4500円。2人以上登録するなら、絶対にファミリープランがお得。お父さんのアカウントで入会すれば、家族全員に適用されるので、管理の手間が省けるのがありがたい。

オンライン対戦ゲームが増えている現在の状況では、有料化するのは仕方がないだろう。年間4500円で家族全員が楽しめるのなら、他のサービスと比較してもリーズナブルな価格設定なので、私は息子たちの要望に応えて加入したいと考えている。



ウィンドウズ10になり、マイクロソフトは、手書き機能のサポートに力を入れています。ワード、パワーポイント等のオフィスソフトも、インク機能の追加等、手書き機能が充実しました。最近では、ホワイトボード等、手書き(インク)用途メインのアプリ開発にも力を入れています。今回は、ウィンドウズ10 Anniversary Update で搭載されたWindows ink ワークスペースについて紹介します。

タスクバー右下のアイコンから起動

Windows ink ワークスペースは、ウィンドウズ10標準機能なので、追加インストールする必要はありません。タスクバーに表示されるペンのアイコンをクリックするだけでメニュー画面が、画面右側に立ち上がります。

もし、デスクトップパソコン等で、ペンのアイコンが表示されていない方は、画面下のタスクバーを右クリックすると、「Windows ink ワークスペースボタンを表示(W)」という案内が表示されるので、そこをチェックするとボタンが追加されます。

「付箋」「スケッチパッド」「画面スケッチ」3つのアプリが基本

ワークスペースの画面を立ち上げると、「付箋」「スケッチパッド」「画面スケッチ」の3つのアプリの他、「最近使用したもの(アプリ)」、「おすすめ」等のメニュー画面が表示されます。

「最近使用したもの」「おすすめ」に表示されるのは、ペン入力に対応したアプリのみです。「おすすめ」に表示されたアプリをクリックすると、マイクロソフトストアからダウンロードすることが出来ます。

ちょっとしたメモに便利な「付箋」(スティッキーノート)

ちょっとしたメモをデスクトップ画面に残したい時、便利なアプリです。今回のバージョンは、キーボード入力・ペン入力の両方に対応しています。

付箋に直接、ペンでイラスト等を描くことも、ペンで描いた文字をテキスト変換することもできます。また、コルタナと連携することによって、リマインダーを設定することもできます。

「スケッチパッド」でイラスト作成

スケッチパッドは、ペンやマウスを使って、イラスト等を描くことができます。ボールペン、鉛筆、蛍光ペンや定規等のツールを使って、楽しくお絵かきしましょう。

イラストレーター等、本格的なペイント・ドローアプリと比べると機能は劣りますが、簡単なお絵かき程度なら、このアプリで十分楽しめます。

「画面スケッチ」で、キャプチャーした画面に自由に書き込み

今、ディスプレイに表示されている画面をすばやくキャプチャーし、その画面上にペンやマウスを使って、書き込むことができます。強調部分に線を引いたり、囲ってみたり、矢印を入れたり、自由自在に描くことができます。

ブログにパソコン画面をキャプチャーして張り付ける…等、便利に使うことができます。

私の活用法…「アイデア出し」と「落書き」

私の場合ですが、インク機能は、上記3つのアプリ以外にも、ワード、ワンノート、パワーポイント等、様々なアプリでサポートされており、個人的に使う機会が増えています。しかし、使用するシーンは、限定されています。

<インク機能を使うシーン>

・個人的にアイデアを考える時…(アイデアスケッチ)

・個人的に落書きを楽しみたい時…

上記の様に、パーソナルユースでしか使用しておらず、ビジネスユースの文書に、インク機能で手書き装飾を加えたことは、一度もありません。ビジネス文書において強調したい部分等がある時は、手書きではなく、図形描画等のツールを使って作成しています。その方が美しく締まった仕上がりになるからです。

【まとめ】インク機能は「書くツール」ではなく「考えるツール」

「手書きは、脳の働きを活性化させる」と言われています。そのため、例えば、頭に浮かんだぼんやりしたアイデアの断片イメージを描き起こす等…アイデアを創造するプロセスにおいて、インク機能は大活躍してくれます。

みなさんも、インク機能を、「書くツール」としてではなく「考えるツール」として、活用してみてはいかがでしょうか…


↑このページのトップヘ